2018年10月31日水曜日

【通院日和リターンズ】と、とうとうセカンド出た…

セカンドをしてくれる先生は水曜日の午前中だけね~という、
針間先生の無情なお言葉に従って、12時には針メンついてました。
何時もだったら、やっと起きるかまだ寝てるかの時間なのに・・・

(そういえば、斉藤環先生は講演会で引きこもりの理想の活動時間は、
朝12時頃までに起きて、夜2時頃に寝ればいいと言っておられましたな。
別に朝の6時に起きてもやることないしとな。
おいらはうつ病だから早く起きて日光浴びろって話もあるけど)

ほげーっとしながら待合室で待ってたら「処置室へどうぞ~」と
旧ソ連の肉屋(まぁ、察してください色々と)とも言われている
受付のおねえさんに案内されて、初めて処置室へ。

そこで、もう一人の先生に軽く性別違和の聞き取りをされ、
(女医さん。しかし、針メンは針間先生以外全部女性なのは・・・もしや・・・?
追記:男性カウンセラーさんもいるよというコメントをいただきました。
ということで、全部女性ではない可能性が)

そういや小中高と演劇やってたけど、やった役は男性役が多かったとか、
出来ればミュージカル俳優(正確には昔の劇団四季ですね)
になりたかったこともあるけど、私のやりたい役は全部男性であきらめたとか
そんな話をしつつ。

で、今更何でホルモン療法?って聞かれたので、
しがらみが無くなったのと、どうしても身体を男性化しないと、
精神的に無理になってきたのでと話をしたら、
ではサインしますねとかるーく言われてしまいました。

で、針間先生から話がありますので、
また待合室で待っててくださいねと言われ、
待合室で少し待ってから針間先生とご対面。

サインしないって言われなかった?と軽くジャブを打たれ、
ここでやっぱりホルモン療法辞めるでもいいんだよ~的なことを言われましたが、
それは堪忍してください・・・ということで。

で、そのあとの流れを聞く前に、
針間先生がまめた君の本を読んだらしく、
まめた君の源流(?)は私だったのか、という話になり。

まぁ、彼は若いときから目立ってましたからね~って話をしつつ。
私は全然でございますが。

そんな話を少しして、ホルモン療法と胸オペねといわれたんですが、
胸オペは保留で、という話をしてました。
子宮摘出手術したときに傷口が膿んでしまって
大変な目に遭ったことがあり、あまり手術はしたくない・・・。
胸はホルモンと、胸を鍛える運動と、後ナベシャツで何とかなるかなと。

ホルモン療法だけはしないと、どうしてもねぇ・・・なのでするつもりですが。

どこで打つか決まってるの?と聞かれたので、
てっきり針メンでやることが決まってるのかと思ってた私は、
一瞬「え?」みたいな感じになってしまいました。

で、針メンでお願いしますといったら、忠誠心が強いと言われましたが、
ただ単に昔からの私を針間先生は良くご存じですし、
今後、自分が納得するぐらいの男性化が出来たら、
ホルモン療法辞めることも考えてるので、
そういうことを言っても驚かないというか、理解してもらえるかなと。
そんな打算wだけでございます。

11月12日にナグモの判定会議を経て13日に最初のホルモン投与して貰います。

先生からは、せっかちとか気が変わらないうちに打つの?と言われましたが、
まぁ当たらずも遠からずかもしれない・・・。
たぶん、今打っておかないとまただらだらしそうな気もするし、
やっと出来るという高揚感もあるし。

というわけで、初めてジェンクリに通ってから16年位?
昔友人には30歳位にはホルモン療法始めて、
35歳位には男性として完全に生活しているって言ってたはずなのになぁ。
どうしてこうなった?

まぁ、そんな感じで、とうとうホルモン療法です。
どうなることや

2018年10月20日土曜日

人生2度めの救急車

夜勤明けで、新宿まで研修を受けにいっておった私は、午前は何ともなかったんです。

で、あまりおなかも空いてなかったので
(朝、研修時間まで時間が合ったので、
時間つぶしついでにマックでモーニングなんぞを優雅に食べていたのですよ)
サンドイッチと、ぷにほっぺ(どこのコンビニかバレるな)と、
飲み物にウーロン茶をチョイス。
(たぶんこのウーロン茶があかんかったのでは?と踏んでおります)

お昼はそれだけしか食べずに、午後の研修の1クール目は無事何もなく終了。
休憩の後研修2クール目に入ろうか、といったところで急に胃痛が。
しかもあまりの激痛に冷や汗をかく始末。

とてもじゃないけど、研修を受けられる状態じゃなくなり、
かといって自力で帰れる状態ではなくなりつつあり・・・とということで、
申し訳ないと思いつつ救急車を呼んで頂くことに相成りました。

救急車に自分自身が乗ったのは2回目(付き添いなら仕事で何度もあるのですが)
場所が新宿ということもあり、
女子医に瘢痕ヘルニアのフォローアップで通っていて診察券があるので、
女子医に搬送してもらうことにしました。

こんなこともあろうかと(?)iPhoneのメディカルIDを書いておいたのが
功を奏して、救急隊員さんにほぼメディカルIDを見てもらうだけで終わり。

そうじゃないと一々口頭で病気があってとかどこに通ってて
とか言わないといけないのですよ。
前回は自分一人だったし今回は付き添いの方がいましたが、
研修先の方なので私の病気をご存じではなく・・・

ま、そんなこんなで痛みに唸りながら女子医の救急へ搬送されて、
胆石の疑いだったんですが、CT所見では見つけられず。
たぶん急性胃炎とかそんなもん?ということで落ち着き、
胃薬1日分処方されて終わり。

しかし、喘息やうつ病もあるので
念のため鞄にヘルプマークをぶら下げてるのですが、
救急の看護師さんに「ヘルプマークつけてるから心臓が悪いのかと思った。
何で(喘息やうつ病で)ヘルプマークつけてるの?」と言われてちょっとショック。

いや・・・内部疾患だし、こんな時もあるし、
下手したら喘息の発作起こすかもしれないし。

今、喘息が安定しているので発作止めを処方してもらってないのですよ。
(処方してもらえって話もありますが)
まぁ、そんなこんなで、念のため着けてるんだけどなぁと思いつつ、
女子医の救急で運ばれてくるなんて心臓の人が多いだろうし、
ついついそんな風にも言いたくなるんだろうな、とは思いますけどね。
でもね・・・(まだ根に持ってるらしい)

よろよろと帰ろうとしたら、iPhoneがない!
救急車で落としたか、女子医で落としたか・・・。

とりあえず、看護師さんに見つかったら実家に連絡してもらうように
電話番号を伝えて、本当によろよろと。

新宿駅で何とか公衆電話を見つけて実家に電話したら、
すでに新宿の救急隊からは連絡が来ていて、
見あたらないので女子医にあるだろうと。

もう一度、対応してくれた隊員さんから電話をもらって、
大丈夫でしたか?と聞いてくれたそうです。ありがとう隊員さん。

自宅へ帰って、iPhoneを探すをやってみたらばっちり女子医にあったので、
月曜日が本来ヘルニアのフォローアップの日だったからそのときに貰ってきます。

新宿救急隊の皆様、ご迷惑&感謝でございます。
後で、お礼のメール?かなにかを送っておかねば。

2018年10月15日月曜日

【通院日和リターンズ】本当にやるの?×5(くらい・・・)

いつもは午後の診察始まりの15時から予約を取るんですが、
カウンセラーさんの都合で予約が17時半からに。
夜勤明け→ちょっと仮眠→町田で斉藤環先生の講演会に出る→針メンと相成りました。

しかし、針間先生の体力すごいよね。
土曜日診察あって、日曜日にシンポで話をして、月曜日はちゃんと診察。
私は、土日死んでたというのに・・・。

まぁ、それはいいとして。
カウンセラーさんも今回で終わりにしますねと言っていたように、
最後の自分史、の前に今月1ヶ月の話を少し。
こっちはがっつり八王子でやってもらってるのでそんなに問題はないのですが・・・。
相変わらず、9月は終わってみると忙しすぎて記憶が無いです~みたいな話をして、
もっと休みを取りましょうね~ってな話をして終わり。

で、まぁ最後なので、なぜ今までホルモン療法を含めてトランスしてなかったのか?
となぜこれからトランスしようと思うのか?という話が中心に。

いや、今までトランスしなかったのは簡単で、今までは、
仕事はどこかの組織に所属していて自分としては在職トランスが無理だと思ったこと。

また、母方の祖母が私が初孫なこともあり、女性性をすごく求めていたこと。
実家で暮らしていたので、トランスして放り出されるのも困るなぁと思ったことなど。

で、今は一応バイトしてるものの、基本一人で仕事しているので
トランスしていっても問題が無いこと、祖母はもう亡くなってしまい、
実家を出て一人暮らししてることなどでトランスしてもOKかなぁと。

ぶっちゃけまぁ、45歳をすぎてとうとう社会的に女性として扱われることに
疲れたというのが本音でしょうか。
外見を男性寄りにして、社会的に「男性?」ってくらいな形にしたいなぁと
思っていることを話をしました。

そんな感じで、自分史聞き取りが終了。
月に1回のペースだったり、自分がやらかしたり思いがけない事態w
があったりして、結局1年半ぐらい掛かってしまいました。
まぁ、そんなもんでしょうと思っていたので特に長いとも思わず・・・。いやはや。

で、針間先生との診察に。
針間先生に「本当にするの?」って5回近く問われたような気がする。
まぁ、確かに「やるやる詐欺」を繰り返していたオオカミ少年ならぬ、
オオカミおばちゃんでしたからね。えぇ。

で、「やります!」という話をしたら、ホルモン療法の同意書を出してくれました。
しかし、そこで問題が。
私は昔に塚田先生→針間先生と診察を受けていたので、
今回の診察はセカンドオピニオンだと思ってたのですが、
あまりにも昔すぎて塚田先生からの紹介状(というかファーストの書類)が無い!
昔、針間先生が上野で診察してた病院にはあるのかもしれませんけど・・・。

と、言うわけで今回が2度目のファーストになりました。はぁ・・・。
セカンドは塚田先生or針メンの他の医師のどっちがいい?と聞かれて
根性なしの私は針メンの先生をチョイス。
どうも水曜日の午前中のみ診察らしいので、31日の12時で予約しました。はい。

後は、針間先生とどこまでするの?てな話を。
ホルモン療法と、胸オペでいいかなと思ってたんですが、胸オペも微妙だなぁと。
ホルモン療法と胸を鍛えることである程度胸の問題は解消されるだろうし
(あとはナベシャツね)、人に裸を見せることもそうそうないですしねぇ。

後は、一回子宮摘出手術をしたときに、全麻が大変だったのと、
手術後に縫合した傷口が膿んですごく大変な目に遭ったこと
(40度近くの熱を出したものの、喘息のためロキソニンが使えず
クーリング&個室に移されて冷房で何とかしたのです)という前例があるので、
今回乳房切除術を受けたときにもそうならないとは限らないなぁ・・・
という怖さがちょっとね。
というか、こっちの方が怖いかもなぁ。はい。

あと、なんと言ってもお金がない。
本気でビンボーなんでいつお金が貯まるか分からないという・・・。

何となく、お金貯まったときには胸がどうにかなってそうなので、
ホルモン療法はするけど胸オペはペンディングです。はい。