2018年12月31日月曜日

今年も一年ありがとうございました。

このところずっと仕事なので、あまり大晦日とかという感じがしないのですが、
どうも世間では大晦日のようですね(おぃ

皆様、今年一年ありがとうございました。
そして今年一年よく頑張った自分(一応自分を褒めておかないと)

まぁ私の一年なんて毎年安定してなくていつも波乱に満ちてるわけですが、
今年も波乱の一年でした。

が、強いていうなら、いつもは前へ進もうとして
しっちゃかめっちゃかになる一年ですが、
今年は諦めることを覚えながらでも前に進もうとして、
結果的にしっちゃかめっちゃかになってしまう一年だったような。

昨年の今頃から用意していたクラウドファウンディングが、3月に終了。
皆様のご厚意により資金が集まって、
6月に一般社団法人を立ち上げるという暴挙(こらこら)が完成しました。
が、今のところはこれといった成果もなく、
来年以降からボチボチ本気出していこうといったところでしょうか。

本当は、法人を設立して法人で何とか自分が食べていけるようになればいいなと
あまーい考えを持っていたのですが、あまりにも甘すぎた。
そこが諦めの部分かなと。
ただ単に甘いだけともいいますけどね。

来年も結局、母からの支援と夜勤バイトで生活していくことになりそうです。
少しずつ法人が浸透してくれるといいんですけどね。

まぁ、法人一本でやっていくにはまだまだ時間が必要だと思うので、
ゆっくり育てていきたいと思います。解散するのだけは避けたいですし。

なので、自分が理想としてる相談支援の仕事も
当たり前ですが出来ずじまいのまま宙に浮いています。
これもゆっくりと育てていったり、自分自身がもっと研鑽を積む必要があるかなと。

自分が出来ない部分をぶん投げる(言葉が悪すぎ)団体さんとの
つながりも少しずつですが出来てきたような。

是非繋がりたい団体さんの場合は、
自分がその団体の中に入ってボランティアスタッフとして働いて、
そこからまたご縁が広がるといった嬉しい効能もありますしね。

町田に帰ってきて、生まれ育った場所で最後に何か恩返しではないけど
グループを作りたいなぁと思いつつこれも今は宙ぶらりんで。

やりたいことはたくさんあるけど、
うつが身体に出てくるようになってしまっていて、
何か少し無理をするとすぐに動けなくなるという状態のため、
物理的に出来ないという話もあります。

この無理をすると動けない身体のせいで、
今年どれだけ行きたかったイベントなどを休む羽目になり、
どれだけ涙をのんだか分かりません。

が、結局は私の身体のコントロール不足が招いた事態なので、
来年はそこら辺のコントロールをしっかりしたいと思ってます。

今やらないといけないこと、今やらなくても大丈夫なことの仕分けを
もう少し精度高くしないと行きたいのにいげながっだ・・・になってしまいますからね。
それも一種の諦めなんでしょうね。たぶん。

12月の終わりには母とカウンセラーさん私の三者面談(?)もできまして、
その中でどこか薄く薄くあった母への「わかってもらいたい」という気持ちも、
母の話を聞いて無くなったというか、やっぱり諦めがついたというか。

もう、たぶん母に分かってもらいたいと思うことはないかなぁ…。
本当に母と私は水と油というか正反対というか。

同じ学校だったら絶対友達にならないよなっていう人間と、
親子になってしまったのが間違いというか悲劇だったんだと思うのですよ。
もう仕方ないっすね。

諦めといえば、とうとうホルモン療法に手を出してしまいました(こら
なんというか、社会的に女性でいることにとうとう耐えられなくなったので、
諦めて自分に正直に生きようと思って、ホルモン療法開始いたしましたよ。

一部の方々は本当に私がホルモン療法をするのか?!
とびっくり仰天されたみたいですが…。
そんな自分が一番びっくりしてるかもね。

そんな感じで、今年一年も終わろうとしております。
(実感ないけど)

また、来年もなんとかまずは生きることを目標にだらだら行きたいと思っています。
よろしくお願いします。


【少し萌えネタあり】 とうとうWOWOWにまで手を出してしまったぜ…

ひかりTVに加入して以来、家にいるとCSしか見なくなってしまいました。
というのは、前にもネタにしたと思うんですが、いやー本当にいいですね。

ちょっと前のドラマから古い2サスまで見られるというのは天国ですわ。
今は年末のせいかドラマ一挙放送が多く、久々に『王様のレストラン』や
『101回目のプロポーズ』を見ております。
(その他にもいろいろと見てるんですけど…)

いやはや、やっぱりこの頃の三谷幸喜氏は神がかってるというか、
腐男子だよね?って思うのですよ。
「振り返れば奴がいる」も結構再放送してるんですけどね、
「振り奴」もそうだけど「王レス」も萌え要素が沢山…。

特に、松本幸四郎(現 松本白鸚)さんのギャルソンと、
筒井道隆くんのオーナーの関係がねぇねぇねぇ…。
(以下放送コードに引っかかるため略…確か、あの頃同人誌が出てたような気がする)
あと伊藤俊人さんが出ておられて、やっぱり若くして亡くなったのが返す返すも残念。

あと、一時期すんげーハマった『HR』の再放送やってくれないかな…
香取くんが主演だから色んな意味で無理なのかもしれんが…。

『隠蔽捜査』とか『ハンチョウ』とかも萌が(ぉ?
特に『ハンチョウ』シリーズは今ずっと見てまして、
蔵之介さんもよいなぁと思う今日このごろ。

『ハンチョウ』の安積班長は愛されすぎでしょう。
村雨とか、速水とか、ハンチョウのことすごく気にしてるよね~
(以下、やっぱり略)

と、萌えが戻ってきているようですが、萌えを文章にするには至らず。
やっぱり、『ハゲタカ』に戻ってきてしまうなぁと。

と、おもいきや、映画を見に行って思わず萌えてついつい書いてしまった
『アウトレイジ 最終章』がとうとうCSでやることになったのですよ!!!
たけしと南朋さんの関係に萌えて勢いで書いちゃったんですが、
それがまた見られるとは~ぐははははは。
また、萌えて書きそうな気がして怖い。
(が、それはないな)

で、ずっとWOWOWに入ろかな~を考えていたのですが、
BUCK-TICKの武道館ライブ中継と、来月の鹿賀さん版『生きる』を放送するので、
ついつい加入してしまいました。あぁ…。

で、また地上波から遠ざかり、しかも録画したものが溜まっていくのであります。
すでに結構溜まってるのに…。

嬉しい悲鳴というかなんというか。
まぁこれを消化できるのも、フリーターの特権といえば特権だなぁ。



【ちょっと考えてみた】 「治る」ウツと「治らない」ウツにつて

*当たり前ですが自分の感想なので、エビデンスとか全く無いです。
 なんとなくそんな感じ?ということで。


うつの友人とよく話すのは、トラウマ由来のうつと、
過労や仕事でのうつって違うよねという話でして。

過労や仕事でのうつは、多分規則正しい生活とかで
ある程度緩和されるんだろうなぁとおもうのです。
きちんとした睡眠とか適度な運動とかをして、
それと薬物療法をすれば、そんなに長くうつ病を患うことはないのではと思うのです。

トラウマ由来は、あまりにも深すぎてそんな位じゃ緩和されない。
多分一生付き合っていく位の覚悟じゃないとトラウマ由来のうつは難しいなぁ…と
最近良く思うのです。

トラウマ由来だと、うつが一回治っても、またうつになるような生活をしてしまうから
またうつ病を発症して結局治らないという…。
結局自分を根本から見つめ直して、考え方から変えないと無理なんじゃ?と。

すると、生きてきたのと同じ位の時間を療養に費やさないと行けないのではと。
そんなことしてたら、下手するとうつと一生お友達になるわけですよねぇ。
ま、そんな位な気分でゆっくり治していかないといけないんでしょうね。

宮地尚子先生の『環状島=トラウマの地政学』を読んだりして、
トラウマ環状島理論(?)みたいなものを知って
特にこんなことを考えるようになってきました。
あと、『心的外傷と回復』とかかな…。

自分のウツは最初は過労から来たものだと思っていたのに、
何度もうつ病の発症を繰り返すにつれ、これはトラウマがベースにあるものなのでは?
と思っていろいろと考えるようになったのです。

何でしょうね、ACとか児童虐待のトラウマで…とかいうと、
親から暴力受けたとか、親がアルコールの問題を抱えててとか
自分もそのせいで行きたい学校へ行けなくて…など、大変な例を思い出したりするので、
自分はそこまでじゃないからACじゃないよね~とか思っていたり。

でも、友人と話して思うのは、幼いときに受けたトラウマっていうのは
他人がジャッジするものじゃなくて、自分がそう思ったらそうなんだということ。
なにか生きにくさを感じたときには、ベースに親子関係が存在してるんだろうなと。
それは、決して暴力を受けたとかそういうものだけではないと。

友人と話をして気づくというのは、気づかないうちに二人で自助グループを
やっていたのだなということでして。
自助グループの効能というのは、言語化することで自分の中にあるものを自分で気づく
ということだと思うのです。(それだけじゃないですが)

そこで、自分のほうが不幸だったとか不幸自慢になってしまうと、
また全然違うことになってしまうんでしょうけど。
フラットに辛いことを話し合えればそれは良い方向へ向かうんだろうなと。

そんな事を考える年末でした。

2018年12月26日水曜日

母を体育館裏へ呼び出してみたものの・・・。

一度、母を呼びだしてみようとカウンセラーさんと話をして
やっと25日に母を呼び出すことに成功。

しかし、25日の朝っぱら
(ちょうど夜勤明けにだったので電車に乗っておりました)に
母から「八王子駅12時半の待ち合わせで本当にいいの?」ととぼけた電話が。

八王子の精神科は昼休みが殆どなくて、
ずっと私は12時50分または40分から診察→カウンセリングで予約を取っているのですが、
母にはそれが奇異にうつったのか、はたまた一度は行ったことがある(OD後)ので、
40分からの診察なのに10分前集合で診察時間に間に合うのか?という疑問があったよう。

いつも、だいたい診察の10分前に八王子駅ついて
病院の受付に着くのが診察時間ぐらいの人間なので、そんなに気にしてなかった・・・。

とりあえずその時間で大丈夫なことを手短に伝え、朝から頭痛いと思ったのですが、
その後もっと頭が痛くなるとはこのときはこのときはまだ思ってなかったのですよ・・・。

結局八王子駅に12時20分頃に着いたときには、
すでに改札外に母がまっているという状況が繰り広げられてました。
さすが、家族内ではせっかちとして認識とされている母だけはあると思いつつ
母と合流しクリニックへ。

少し診察時間から早かったのですが、診察室に呼ばれ私だけで診察。
ちょっと躁状態のようになっていたので、
針間先生からもしあれなら薬をこちらで調節して貰うように言われたと、
院長(にはとっても見えない)でもある主治医に伝えたものの、
結局躁状態はすぐに消失してしまったこと、
前に比べれば冬になっても精神が落ちなくなっては来てるが、
まだ2、3日フルで動くと次の1日は寝込むので、
障害者枠を使ったとしても現在の状態ではフルタイム勤務は無理だろうということ、
夜勤のバイトに関しては休まずきちんと行けているので、
これはあっているようだなどと話を。

相変わらず淡々と人の話を聞いて、
最後にいつものように「寝られてます?」と聞かれたので、
就寝後2時間ぐらいはぐっすり寝られるけど、
後はやっぱり3時間ぐらいで起きたりして断眠状態といったら
「まぁ、ホルモン療法もしてるしね。」と言われてしまったのですが、
ホルモンの副作用で興奮しやすいから?なの?うーん・・・。

で、肝心のカウンセリングですよ。
まずはカウンセラーさんとご挨拶。
その後私だけ呼ばれて今日はどうする?という話を。

まぁとにかく母の変な過干渉をどうにかして欲しいということが
自分の望みであることを伝えて、その辺が伝えられたらいいですねということで、
母が入室し3人でのカウンセリングスタート。

最初はどちらも緊張していたのですが、
緊張がほぐれてきた母は態度がでかくなってきて、
最後は机からいすを離して足を組みながら話してましたからね・・・。
さすがだよ。
私はずっと緊張しっぱなしで、机にいすをぴったりつけて話をしてましたけど。

その中で分かったのは、母と私の性格というか考え方がほぼ正反対であること。
これじゃ理解しろって方が無理だと思いました。
家族の問題などについても母と私の理解というか、見てる視界が全然違うし。
カウンセラーさんから私の印象を聞かれた母は
きっぱりと「謎な人」と言い放ちましたしね。

妹は母にいろいろと相談するが、
私は母に言わずにいて何かことが大きくなってやっと母の知るところになり・・・
と言うことが多いとのこと。
私から言わせれば、母に話しても無駄だから話さないってことなんですが。

母に話しても無駄の極地が、
今回のカウンセリングで私を呼ぶときに母が、
「この人が彼女じゃないっていうのも知っていますが、
私にとっては娘なので彼女と呼びます。」とカウンセラーさんに宣言したときですねぇ。
あ、そうですか。そうですよね。としか思えない自分がいました。

これから外見がおっさんだかなんだか分からない人になっていった時に
母がどう出るかが問題かも。

それ以外にも、早期退職でフリーター状態になった父に対して
仕事しろと言ってたのに、
カウンセリングの場では早期退職した父に対して
仕事をしなくても好きにすればいいと思ってたとか。
本当に外面だけはいい人を繕うなぁと思って聞いてました。

なんだか母の話を聞いて、
最後の最後に残っていた「分かってくれるのでは?」という希望が
無残にも打ち砕かれました。
もう、この人とは一切分かり合えないのねと思ったらかえって楽になったかも。

とりあえず無期限とはいわないまでも、まだ援助はしてくれるようなので、
その間に無理せずちゃんと仕事が出来る状態にしないとなと思いましたよ。えぇ。
お金の問題がちょっとは解決したので、そこで安心感があったかなと。
それ以外は、ひたすらわかりあえないことを確認する作業になってました。

あと、人が忘れてたことを思い出させてくれたのは良かったかな。
私が幼稚園の年長ぐらいの時、当時住んでいた団地のちょうど真上の5階が火事になり
3階に住んでいた私たち一家は放水のせいで部屋が水浸しに。

水浸しになった実家を復旧するのに時間がかかるため、
それまでの住む家は公団が同じ団地内の賃貸を貸してくれることになったのですが、
それが用意できるまで多分一ヶ月くらい妹は千葉の祖母の家へ、
私は幼稚園もあったからか保育園時代我からの幼なじみの家で
過ごすことになったのでした。

すっかり自分では忘れてたのに、母にいわれて思い出しましたよ。
母はそれも理由じゃないか?といってましたけど。
どうなんだろうなぁ?

まぁ、とりあえず何とかカウンセリングも終わり、
調剤薬局で薬を貰ったら、母が「お腹空いてない?」と。
時間は15時近く。

実は絶対カウンセリングが始まる前か終わった後に
ご飯またはお茶にでもと母に誘われると思っていたので、
待ち合わせ時間をぎりぎりにして、昼ご飯を事前に食べていたのに・・・。

やっぱりと思いながら仕方ないので八王子の東急スクエアへ。
適当なレストランが無くサイゼに入ったら「サイゼリヤなんて久しぶり」とか
ブツブツ言っておりましたが。

サイゼではカウンセリングの話はせず、
甥姪の話や酒を飲みつつ大掃除をしてる叔母の話などをしておりました。

アルコール依存症だと思われる叔母はね。
もうね、いろいろとあるんですが、母が動かないのでもう諦めました。
が、やっぱり話を聞くといろいろな思いがこう巡って来るのでありますが。

その日は夜勤バイトから帰ってその日にもう一度夜勤バイトだったため、
一緒に母と町田に帰るという苦行をせずに済んで良かったですよ・・・。

次回は2日に正月バイト明けで実家に正月の挨拶にいってきますだ。
昔からうちの正月って2日だよなぁとぼんやり思いつつ。
昔は母が元旦になると職場に挨拶しにいっていない、
今は私がバイトで元旦にいないので、我が家の元日は2日から始まるのであります。

それまで平和でありますように・・・。
てか、正月に実家に帰ったときも平和でありますように・・・。

2018年12月22日土曜日

リア充め爆(以下自主規制

12月にになって珍しく精神的にがた落ちしないので、
おや?これは回復したか?と思っていたけど、そうでもないようで。

針間センセに言わせると、男性ホルモンの副作用として多幸感があるので、
もう一つの精神科の先生と薬調節してねとのことでしたが。
私も、もしや副作用の多幸感からくる軽躁状態?と思ったのですが、
少し忙しいとすぐにお布団と一緒になる状態なので気のせいだと思います・・・。

多分、男性ホルモン療法ができるようになって浮かれてるだけのよう。
本当に、ずっと考えた末にやっとやれたので、相当浮かれてるんでしょうねぇ。
自分ではそうは思わなかったですが。うむむ。

あ、でも更年期と思われる症状が緩和されたのでそれだけは良かったかもw
本当に困っていたので、ラッキーですわ・・・。
年寄りだとこれだから。

いや、本当に精神ががた落ちしないし、
これなら社会復帰できるんじゃね?と思ったのもつかの間でしたよ。
どうしても休めない用事をこなしていたら、ダウンするし。
そしてそのままかるーく鬱状態へ突入。
結局いつもの通りでした。はぁ・・・。

しかも、確かにこういう福祉系の仕事をやってりゃ盆も正月もないですよ。
それは折り込み済みだし、
ていうか、正月実家に帰りたくないのでちょうどいいんですけど、
24日から3連勤ってどういうことですか?
どんだけ、ほかのバイトの皆はリア充なんだよと思ってしまいましたよ。

えぇどうせ私は喪歴46年、クリスマスイブもクリスマスも何も関係ないですけどね、
でもイブからクリスマス越して26日まで仕事させられるとは思わなんだよ。

基本、学生さんたちが中心に回っているので、
そろそろ冬休みで帰省もあるんでしょうけどね。
でもさ・・・(ブツブツ

てか、25日は夜勤と夜勤の間を縫って、母を連れて八王子に通院なんですよね。
それも頭が痛い・・・。
カウンセラーさんと母のバトルとか、
カウンセリングが終わった後に母に何を言われるのかとか。
ワシ、ちゃんと3連勤できるんだろうか・・・。
スゲー不安になってきたぞ。

てか、24日から正月明け4日まで休みらしい休みが無いぞ。
4日は針メンだし、5日はMXだし。
あぁ、生きて年越しできるのだろうか。

大晦日と正月がどっちも田無の事務所に出勤なので、
そのまま田無にいていいかな~とか一瞬思ったんですが、
着替えとかを持って行くのを考えると大変だから一度家に帰るか・・・と思った次第。
とりあえず、初詣は田無神社だな。

針メンで、針間先生に「良いお年を」と言われて、
あぁもうそんな時期かと思う位には年末感ありません。はい。
まぁいつものことだけどな。

そろそろ100均でお飾りとか買ってこようかな。
大掃除なんてものは当たり前ですがしないので、
いつもよりかは念入りに掃除をするかね?ってなもんです。

壊れた洗濯機の代わりに新しい洗濯機も来て、
洗濯も出来るようになったし。

前の洗濯機と容量は変わらないのですが、筐体がスリムになっていてびっくり。
いろいろと洗うコースもあって良い感じでございます。

一番いい点は、前の洗濯機はタイマーが9時間のみ(!)だったのに比べて、
今のは何時間でもタイマーをかけられること。これは本当にありがたいっす。

あぁ・・・きっと年末という気分もないまま、職場で紅白見るんだろうな。
その前に、一人用のクリスマスケーキ買ってきて、一人寂しく食べるんだよ。ふぅ。

どうせ来年も再来年も・・・とずっと続くのだなぁと遠い目をしつつ、
目の前の仕事をどうこなすかが課題だわ。

2018年12月18日火曜日

【ホルモン療法編】レギュラーメンバー?

3度目の注射をしに針メンへ。
針間先生に「すっかりレギュラーかしてきたね。」と言われましたが、
そりゃもうね・・・。
一度ホルモン注射をすると辞められない(おいおい

身体的なことで不調は?との質問に、
かえって更年期障害のような症状が出ていたのがこのところ治ってきたと答えて、
はりりん苦笑。
いやいや、もうそんな年なんですって。
でも、本当に更年期障害の症状かな?と思っていたものが
収まってきたのでラッキーですよ。

精神的なものは、軽躁状態になってるかもしれないと自分で感じているので、
それは八王子の主治医と相談になりました。

ホルモンの副作用(なのかな?)で多幸感があるので、
それと抗うつ剤マックスで軽躁状態になってるのかも?と言われましたが、
その後そうでも無くなってきたので、
ただ単にホルモン療法できたことの喜びで舞い上がっていただけのような気もする。
そこは、八王子の主治医と相談の上ですが。

注射をブスリの前に、次の予約を入れなきゃねと言うことで・・・。
年始一発目の4日に予約を入れてしまいました。
7日でも良かったんですが、その日は夜勤明けで
マンモグラフィー検査の予約を入れてしまったので、ちょっと早めに。
しかし、正月明け早々とはね。

診察室から出るときに、先生に「良いお年を」と言われて思わずそんな時期か・・・
と思ってしまいました。
本当に今が何月の何曜日っていう感覚が無くなっているので、
年末になってると言うこともきれいさっぱり忘れてた・・・。

で、注射をブスリとされて終わりでございます。

その後、ちょっと神田のあたりをうろちょろしていたら友人から連絡が来て、
急遽逢うとこに。

しかし、友人と話そうとすると声が出ずらい。しかもかすれる・・・。
友人ともしや声変わりが遣ってきたか?と言っていたのですが、
それも当日だけの現象らしく、今はふつうに戻ってしまっております・・・。ちぇ。

今のところは特に問題なく過ごしていますが、今後どうなるかな?
あ、髪の毛はすでに抜け毛がスゴいので、今から恐ろしいです。
うちの父親と同じで髪の毛が波平さん状態になりそうな予感なので・・・。

一応、変化を記録するために自撮りを載せておきます。
汚い顔で済みません。




ホルモン療法3回目
まだ変化は見られず

2018年12月4日火曜日

【ホルモン療法編】HOT!HOT! ホット!ホット!

3日に2本目の注射が終わりました。
相変わらずの夜勤明けのぼーっとした状態で針メンへ。
針間先生にどんな感じ?と聞かれましたが、
個人的には精神的に少し安定したという所でしょうか。

身体に変化は現れないものの(当たり前)
ホル注が出来るようになった喜びというのは、
自分の想像以上にQOLを高めるものだったようで。
やっと注射が出来たというのは、
思った以上に嬉しかったんだなぁと改めて思いました。

特に1本目で体に不具合も出なかったので、
じゃぁ淡々と行きましょうということになり、
次回は年末年始を挟むので2w後の17日で予約を済ませて処置室へ。

いまいち段取りが分かってない私は、
名前が呼ばれるものだと思ってたのですがそのまま処置室入って良かったんですね・・・。
あまりにもやってこない私を心配して看護師さんがドアを開けて、
あ、そのまま入っていいんだと確認した次第。
(てか、最初から確認しておけって話もある。)

今回はお尻の左側にぶすっとな。
当たり前ですが、毎日多くの人に注射をしてるだけあって巧いし痛くもない・・・
健康診断の血液検査と大違いだな~とぼんやり思いながら、
お会計を終えクリニックを出て神保町の駅へ向かおうとすると
いきなり滝のような汗と暑さが私を襲うではありませんか・・・。

去年の終わりか今年に入って位から、
とにかく身体の火照りと暑さで大量の汗をかくという場面が多くなり、
「もしやこれは更年期障害?」と思ってかかりつけの婦人科に行って
見て貰わないとかな?と思っていた矢先に、
ホルモン療法が決定したので婦人科には結局行かずじまいだったのですよ。

なので、本当に更年期障害かどうかは分かりませんが、
まぁ大量の汗が出てきたところで更年期だよなぁ・・・と思うんですがね。
大量の汗は新宿に着いた頃にはある程度引いていました。
自宅に帰ったときは寒いぐらいで。
このまま打ち続けるとどうなるのかな~と思いつつ、
とりあえずこれが良くなってくれさえすればいいです。

真面目に、みんなコート着てるところに私一人長袖のシャツを腕まくりしてるという
奇妙な光景になっていたりするので、完全に怪しい人です。
注射が始まる前までは、『命の母』でも飲もうかな?と思ったぐらいですが、
さすがにそれもどうなの・・・と思って辞めましたけどね。

でも、このままホルモン療法に進まずだったら、
『命の母』とかに手を出してたと思うですよ。
さすがにイライラとか抑うつ状態といった精神状態については、
すでに精神科の薬を飲んでるので問題は無かったんですが。
とにかく体がねぇ・・・。

懲りずに毛糸の帽子などを作ろうと思い、
100均とかでちまちま買うのもなぁと、
ヤフオクでキロ単位で売ってる毛糸を思わず購入したら、
落札した代金より送料が高くなってしまいました。

ま、それはまだいいんですが(いいのか?)毛糸が段ボールに詰まってやってきて、
今それを分別したり編みやすいように毛玉にしたりする作業に追われております。
スゴい大量にあって大変・・・。

それでも何とか片づいては来たんですけどね。
後もう少しのところまでなんとか・・・。
しかし、いつも毛糸を入れてるボックスに毛糸が入らなくて、
仕方ないので100均で段ボールの整理ボックスを追加で買ってみたのですが、
それにも入らないようなので、もう1つ買わないといけないかも。
いやーこれで当分は毛糸に困らない。
マジで困らない。

つか、作品作って売れるのか?って方が謎。
前に作ってた毛糸の帽子は、
12月のミーティングの際に皆さんへクリスマスプレゼントと言いながら
押しつけてしまいました。すんません。

今度は、帽子とポシェットだけでなくスヌードとか、
モチーフ編みをしてみようかと思ってはいるんですが、
思ったままで、結局、帽子とポシェットを大量に生産しそうな予感は大いにあるですよ。
怖いわ~。

4日はウツの方の診察&カウンセリングで八王子へ。
一応八王子の先生にも言っておかないといけないなと思って、
ホルモン療法し始めたことを先生に伝えておきました。

今日は暇だったのか、いつもより診察が長くて丁寧だった・・・(こらこら
次回の受診日、いつものように4wにすると正月真っ只中になるので、
3wにして12月にもう一度受診する事にしました。
しかし、クリスマス当日に受診ってどうなん・・・?

カウンセリングは、母を体育館裏ならぬカウンセリングに
同行させたときに何を話したいかを詰めてました。

結局の所、母が私を心配するのはしょうがない
(母にとってはいくつになっても一生私は子供ですからね)
けどそれを私に対して口に出さず、
とりあえずあと1年おとなしく見守っていて欲しいということらしいです。

あと1年、自分のやりたかったことをがむしゃらにやってみて、
それでもどうしてもダメなら、諦めてちゃんと就職してやりたいことは
副業としてやるようにしようと自分では腹をくくったので、
それを母に分かって欲しいのと、その間は口を一切挟むなといいたい。

しかし、そもそも25日に母が体育館裏に来るかどうかが一番の問題だったりして。
姪っ子のクリスマス会と重なるから行けない~とか平気で言いそうだからな。
あの人。それは何とか阻止したい次第。


2018年12月1日土曜日

バカボンのパパ+5歳

いきなりなんだと思われると思いますが、
バカボンのパパが41歳の+5歳ということで、
11月28日に46歳になってしまいました(驚愕)
四捨五入したらもう50歳ですよ?
こんな40代後半を迎えるとは思っていなかった・・・

いやぁ、私が小さいときの40代なんてスゲー渋い大人だと思っていたのに、
自分がいざなると軽すぎてw
特に今はアルバイト+親のすねかじりという凄まじくダメ人間(当社比)な
生活を送っているからかもしれません。

一応ね、72年生まれって貧乏くじ世代でして、
団塊Jrで人間も多いし、高校受験も大変だったし、大学受験はもっと大変で、
それでも何とか大学潜り込んで卒業したら就職氷河期に突入し、職がない・・・。

もう少し上の60年代生まれだとバブルの恩恵を受けてると思うんだけどなぁ。
ワシは高校がバカ女子校だったので、高卒→就職がデフォルトだったせいもあり、
本当に廊下一面に求人票が所狭しと並んでるのを見てたのですよ。
そのとき就職してたらもう少し違ってたのか?

ま、その頃は完全にピーターパンシンドロームにかかっていたので、
社会に出るのが異常に怖かったから、どちらにしろ就職は無理だったと思います。

まぁなんだかんだ言いながら、バイト・派遣・契約・正社員と
立場は代わりはしましたが、大学出てからは殆ど働いていることに今更気がついた。
あら。
無職期間て、手術の後とウツがあまりにも酷くて動けなかった時くらい?かも。

ってことは、20年以上はなんとなーく働いてはいるのね。
その割には貧乏なのはなぜだろうなぜかしら・・・。

しかし、あと働けるのはどれくらいだろうとか考えると、
一発大穴とは言わないまでもある程度コンスタントに収入が入るようになりたい。
しかもわがままなので、今更組織で働くのも無理なのでフリーで、
と思うとまぁ無理だよなと思ったりもするんですけどね。

死なない程度に食えればいいんですが。
その、死なない程度に食えるがなかなかねぇ、難しいのですね。
支援の仕事でしかもフリーで食おうとすると殆ど無理なような。

あ、スキルのある人は別ですよ。
私みたいなのは無理だろうなぁと思うけど、
やるだけやって無理だったら考えよう・・・。

そんなこんなで組織に所属してない人間は、健康診断を受ける機会に恵まれず、
もとい、国保に入ってるので市の健康診断のお知らせが来るのですが、
めんどくさくて放置してました。

しかし、もういい年だし、
ずっと通院してる呼吸器科の主治医に「健康診断受けてる?」と何度も聞かれ、
受けてないと答えると「お金は掛かるけどうちでやる?」と言われる始末。

多分、主治医は私の糖尿病を懸念してるんだと思います。
まぁ確かに、母方は完全に糖尿病の家系だし母も叔父も発症してるし、
私もリスク高いし・・・なのでねぇ。

でも、ホルモン療法前の血液検査では、予想を裏切りHbA1cは通常範囲だった筈。
まぁ、年でガタが来てると思うのでちょうどいいかなぁと健康診断を受けてきました。

ついでに今回はオプションでマンモグラフィ検査も受けることに。
悩んだんですけどね。
一応胸あるし年齢も年齢だし、乳がん発症のリスクを考えると
検査をしておくべきかなと。

しかし、マンモって自費でやると高いんですね。
1万ちょっとするらしい…。
市の助成があるので2,000円で受けられますが。

健康診断自体は、予約無しでOKだったのですが、
マンモグラフィ検査は要予約。
しかーも、12月は全部予約が埋まってるので、1月に受けることになりました。

そんなこんなで、夜勤明けの30日にボーッとしながら健康診断へ。
当たり前ですが、性別欄が女性のため女性用の検診用の上着を渡され、
女子更衣室へ。
誰もいなくてよかったっす。

で、まぁ一通り検診受けたんですが、血液検査が悲しいことに。
いっつも採血は右腕じゃないと血管のルートが取りづらいと言われるので、
いつものように右腕を出したら、看護師さんが右腕でのルートが取れない。

で、左腕を出して看護師さんがここかな?と針(しかも点滴で使う細い針)を
入れたものの、血管が逃げたらしく採血不可。
で、もう一度右腕でなんとか採血完了。

えぇそうですよね、血管が分かりづらいですよねって思いましたよ。
看護師さんが採血できなくて医師を呼ばれたこともあったし。

一発で取れるのは女子医大の採血ルーム(?)ぐらいだよ。
あそこの看護師さんは、多分一日中採血だけしてるからなぁ…
どんな血管でもバッチコイなんでしょうけどね。

最後に医師に軽く診察を受けたのですが、まさか横になってくだいと言われて、
みぞおち辺りからお腹を触診されるとは思ってなかったので、
問診の際、喘息とうつ病の既往症があるとは伝えたんですが、ヘルニアには言及せず。

慌ててお腹を触診してる時に先生に「腹壁瘢痕ヘルニアもあります」と伝えたら、
「やっぱり。そんな感じの硬いものが」と言われてしまいました。
そうか、硬いのか。てか、ヘルニアギュッと押すと痛いんですけど…。

検診結果は郵送かと思いきや、2週間後に病院に取りに来いとのこと。
検診結果を見ながら医師が説明してくれるんだそうです。
いらねーてかめんどくせー。

まぁとりあえずこれで身体のメンテナンスもしたし、
安心してケツに注射してもらえるかな(こらこら

バイトのシフトが来て、年末年始に3連勤ですよ。
まぁそれははしょうがない。
年末年始は人がいないのは知ってるので、年末年始も入れますよと伝えてたので。

しかし、24日25日の2連勤ってなんなの?
そんなにクリスマスイブとクリスマスに入るバイトがいないのかー?
どんだけリア充なんだ皆。リア充爆発しろとか思ってしまったですよ。

えぇ、別にクリスマスイブもクリスマスもなーんにもありませんけどね、私は。
宿直室で一人クリスマスケーキでも食べてますよ。

年末は宿直室で紅白かな~
田無で年越しなので、元旦にまた田無神社お参りして帰ろうかな。
田無神社、おみくじがいっぱいあって面白いんだよな~。

と、もうそんな時期なんですねぇ…。
本当に1年が早い。




2018年11月21日水曜日

東伏見は鬼門だぜ…

夜勤バイトは、現在 田無・西武柳沢・東伏見・大泉学園の各駅の近くにある詰所へ
行っているのですが、どうも東伏見の詰所に行くとなにかが起こる…。

例えば、火災報知器が誤作動を起こしたり、廊下で思いっきりすっ転んだり
(これはただ単に私の不注意)などなど…なにかが起こる確率が、
他の詰所より多いのです。

そしてこの前は、朝早く救急隊から電話が…。
色々とあって電話が来たようなんですが、私は夜間のお留守番のために一切分からない。
慌てて担当者に連絡を入れて、担当者の指示を仰ぎつつ、
一時は私が病院へ連れて行くという話もありましたが、それは回避されました。
というか、その方を知らない私が病院へ行ってもしょうがないような…。

ま、たまにそんなイレギュラーなことが起こるバイトですが、
いつもは平和なので、19時までに詰所に到着してテレビを見つつ夕飯を食べたあと、
大体20時頃にチャリンコで3ヶ所ぐらいアパートを見回りし、
薬を飲むのを見守る人が何人かいらっしゃるので、その方の薬を飲むのをただ見守る、
というのが私のお仕事。

その巡視が終われば、翌朝8時まで利用者さんから電話連絡が来たら対応しつつ、
テレビを見たり編み物したりしてまったり過ごし、23時から7時まで就寝時間が
ちゃんとあるというとても楽な仕事でございます。
ありがたや。

難点といえば、翌日の着替えと洗面用具、夕飯のお弁当を持っていくので、
リュックサックがパンパンになることかな。
みんなに、「梅田さん荷物多いね」とよく言われますが、夜勤グッズのせいです。

夜勤前と夜勤後も結構用事を入れられるので、ついつい用事を入れて、
忙しすぎてぶっ倒れるということもしてましたが、最近はそれもセーブしております…。

本当に一人しかいないので楽々なお仕事…。
だから、トランスに踏み切れたとも言えるのですが。

年末年始はまた仕事かなぁ?
今年の年末年始は、大晦日から新年にかけて仕事してたし。
まぁ、実家に帰りたくないからちょうどよいのですが。

【ホルモン療法編】書類が沢山やってきた

針メンでお尻にブスッと注射をされた翌日、ナグモから書類がやってきました。

1週間位かかるかも、と言われていたので結構早いな~と思いながら受け取ると、
ナグモの判定会議でホルモン療法と胸オペが承認されたよ、という書類が。
こんな感じなんだなぁと思いました。

いや、ホントにペラっと1枚づつホルモン療法と胸オペを承認したよ~って
手紙だったので、もっと仰々しいものを想像していたおらはびっくり。

で、その後もう一度ナグモから書類がやってきて、はてなんだろう?と思ったら、
判定会議用の意見書・血液検査などの書類でした。

で、判定会議用の生活歴読んでたら、確かに嘘はついてない。
ついていないんだけど、よくこんな風にうまく纏めたなぁと思うぐらい、
すごい性別違和感がある人になっていたよ…・
いやはや。

とりあえず、一歩先に進んで良かったと思いますわ。

ちなみに、まだ1回しかやっていないので取り立てて変化はありません。
が、ホルモン療法をやる前から運動するとすぐ汗をかいたり、
顔が火照ったりとしていたので、まさかこれは更年期障害?と思っていたのですが…。
それが、注射をしてからひどくなった気がする。(あくまでも気がするですが)

もともと年なのでねぇ…。
更年期が来てもおかしくないので、婦人科に受診しようかと思っていたら…。
うーん。

今の所困ってはいないので放置するか、行きつけの婦人科の先生のところへ相談するか。
相談したって、女性ホルモンを投与するわけにもいかないしなぁ。
まぁ、こればっかりは我慢するほかないか…。

そんな感じで日々過ごしてます。

2018年11月13日火曜日

【ホルモン療法編】貴方がホル注を許可したから、11月13日ははホル注記念日

って、俵万智が書いた元ネタを知ってる人がどれだけいるのだろう。
『サラダ記念日』って1987年なんですね。おそロシア。

と、言うわけで針メンに行って、初ホルモン注射と相成りました。
針間先生は、最後まで「ここで辞めてもいいんだよ?」と
優しい言葉(?)をかけてくれましたが、さすがに今回ばかりは私の意志も固く。

ただ、もしかしたらどこかの時点でもう辞めるっていうかもって話はしておきました。
ある程度、自分で納得できる体型になったらホルモン療法しなくてもいいかな?
と考えてるので。

その代わり?胸オペはしないかもという話をしつつ。
子宮摘出手術の時に熱を出すわ、傷口はしっかり残ってるわ、
ついでにヘルニアになるわと散々だったので、手術はもういいかなぁと。

昔に比べると胸もしぼんで来たし(ぉ?)
ホルモンする事でどうなるかといった所もありますね。

次の予約いつにする~?と聞かれ、
とりあえずは3週に1回ペースでいこうかなというわけで、次回は来月3日です。

最初予約した日が4日火曜日だったのですが、
その日は八王子の通院と重なってることに気づき、
前日の月曜日に繰り上げてもらいました・・・。
火曜日午後休診だから、午前中に行かないといけないのも辛いし。

男性ホルモンですが、さすがに250ミリではなく125ミリを注射されました。
うーむ。
子宮が無い→生理が来ない→生理を止める必要は無いから125ミリって判断なのかな?
それとも年齢の問題か。

初めて人様にケツを晒してケツに注射されるという悲劇・・・。
やっぱりお尻に打つのねって思った次第。

注射、思ってたより全然痛くなかったです。
よっぽどへたくそな看護師さんに採血される方が痛い・・・。
看護師さんが優しい方で、初注射の私に色々とレクチャーしてくださいました。
ふむふむ。

やっぱり、ずっとお尻に打ってると固くなってくるとか、
痛点に当たると痛いとか、注射液が漏れるといったことも起こるとか。
そのときは遠慮なく言ってくださいね~と言われました。
そうかーと思って聞いてました。

半分寝不足でぼーっとしてたので、
あまり初注射の感慨というのも沸かず、
あーとうとう始まったのか~ぐらいな感じでした。
ここまで約20年掛かってるwのもスゴいけど。

まぁ、一部の方々は「ともぞうがやっとホルモンするの?」とか
「マジなの?」とか針間先生に質問をされていたようですが・・・

あと、天国のゼロ島先生、ともぞうはやっぱりFTMでしたよー。
散々、ゼロ島先生には「君はFTMなのかい?」と疑問に思われておりましたが、
どうもやっぱりそうだったらしいです。

まぁ、何で今更ホルモン療法するの?と聞かれる機会もありましたので、
一応今日に至る心境というか、何で今更なのかを少し。

元々、2002年に塚田先生の所へ通い始めた段階でホルモン療法を
するつもりではあったのです。
周りの友人たちも、ホルモン療法をしてる人が多く、
すでに性自認での暮らしをしてる人も多かったですしね。

ただ、自分の場合は、自分よりも周囲を大切にする癖がそのころはあったので、
ホルモン療法をして男性化していった時の弊害を考えると
これはやばいぞという結論に至ったというのが本当の所ですね。

まずは、母方の祖母が私が初孫だったせいもあり
「ともちゃんのウエディングドレス姿を見るまでは死ねない。」
と思いっきり言っていたこと。
そんな祖母に、男性化した自分を見せられない!というのがあったのです。

また、そのころは実家暮らしをしていたのですが、
父と妹は理解してくれたのですが、母がネックでして・・・。

差別感情は無いよ、と母は言うもののTLGP
(東京レズビアン&ゲイパレード。昔夏に開催されていたパレードです)
のスタッフTシャツを着たまま家に帰ったときには、
「ご近所に見られたら恥ずかしい」と言い放つし、
いわゆる「オカマ・オナベ」がテレビに出てると嫌な顔をするし・・・と、
バリバリの差別主義者。

そんな母に自分がトランスですなんて言ったら、
包丁出して脅されそうな勢いだったので黙ってました。
(実際、私と喧嘩したときに包丁を出してきた過去があるので、
あながち私の誇大妄想とは言い切れない部分が・・・)

後は、仕事の問題。
これが結構やっかいでして、
当時自分がいた職場は女性が少ないので昼ご飯は女性だけで食べたり、
女性のみロッカーがあり私もそれを利用していたこと。
女性ロッカーに入ってた人間がいきなりおっさんになったらそれはそれで問題が…。
後はその当時は派遣社員だったので在職トランスが出来るかどうかが不安だったこと。

で、無事トランスしたとしても、
男性としてのお作法を習ってきてないので(当たり前)
男性社会で仕事が出来るか?っていう不安が・・・。

そんなことが色々重なって、今は時期じゃないし、
まだ女性として何とか生活出来ると判断して、
ホルモン療法を保留にしつつ、
セカンドでお世話になった針間先生の所へたまにグチを言いにいく
生活を送っていたのです。

が、40歳を過ぎてその生活自体に段々無理が生じてきたことや、
自分をトランス男性として尊重してくれる職場に出会ってしまって、
片や女性として仕事をしている自分、
片や男性として尊重してくれる職場で仕事をしている自分がいて、
自分が引き裂かれた状態になってしまったんですね・・・。

で、なんだかんだ言って男性として尊重してくれる職場の方が
居心地がいいのが当たり前でして、そちらの方へとシフトして行ったわけです。

で、名の変更もして、カムアウトして仕事をしていくわけですが、
やっぱりどんなにカムアウトしても、
身体が女性のために女性扱いをされることもあるのですよ。

それは相手が悪いわけではなく、
自分の身体が女性である以上は仕方ないと思い、
身体を男性に見えるように変えていかないとなと思うようになってきたのです。

で、ネックだった祖母も亡くなって10年近く経ち、
母も薄々分かっていたといいながら、
今年(かな?)母に無理矢理カムアウトさせられて、
一人暮らしも5年を迎え、そろそろいいかなぁと思って
ホルモン療法に舵を切ったのでした。

まぁ、人間いつ死ぬか分からないですからね・・・。
自分が亡くなったときに女性体で死にたいか
一応男性に見える状態で死にたいか?と考えたときに、
一応男性に見える状態で死にたいなぁとも思っていたので、それもあったりします。

しかし、自分の中で自分は「シス男性」って感じがないんですよね。
確かに性自認は男性ではあるけど、
女性として生まれてきて女性として生活をしてきてしまっているので、
今更その女性として生活してきた部分を無くすことは出来ないし。

何て言うか、男性と女性のハイブリットというか、
よく分からない人でいこうと思ってます。
よく分からない人だからこそ見えるものというのもあるような気もしますしね。

と、そんな感じでホルモン療法始まりました。
すこしづつ、変化なども書いていきたいと思います。

2018年11月12日月曜日

サインバルタ、恐ろしい子(白目

えーと、サインバルタと聞いてピンと来る人来ない人といらっしゃると思いますが、
まぁ大体想像がつくかと。

サインバルタは、抗うつ剤の一種でございます。
私は現在処方量限界の60ミリを服薬しているのですが、
本来の予約日がどうしても用事があって受診できなかったため、
数日受診出来ない状態が出来てしまい仕方ないので
半分の30ミリ(60ミリの処方の場合は30ミリ×2ヶなので)を飲んでいたのです。

この手の抗うつ剤は急に断薬するといわゆる「シャンビリ」
(耳鳴りが酷かったり、手などがビリビリしたりする副作用?と言われてるもの)
が酷く、私の場合は一日でも断薬するとすぐに耳鳴りがやってくるのです。
しかも、キーンという高い音だけでなく、
耳の中で鈴みたいなものが文字通り「シャンシャン」という状態が続きます。

なので、それを防ぐためにせめて半分量で何とか通院まで過ごそうと思っていたのですが、いやはや、いつも60ミリ飲んでても調子悪いなぁと思っていたのですが、
それでもまだ調子は良い方だと実感しました。

30ミリになったら、ガクッと調子が落ちてしまって
バイトに支障を来すんじゃないかと。
抗うつ剤と共に睡眠用の眠前薬も足りなかったので、
眠前薬飲んだり飲まなかったりしてたんですが、
飲まないと、眠れないのはまだ良いとして、
寝れたー!と思ったらスゴい悪夢を見まくり撃沈とかね。

眠前薬も飲んでるときは「効かねー!」と思っていたのですが、
いざ飲まなくなると効いてるんだなぁと思うことしばし。

まぁ、そんなこんなで悪夢のような日々を過ごしておりましたが、
無事土曜日に診察とカウンセリングを受けて、やっと平常運転に戻ってきました。
やっぱり、これでも効いてるんだなぁ色々とと思うのであります。

まぁでも、少しは良くなってきているのかなと実感する事もあり・・・。
今までは無理矢理予定を詰め込んでいて、
当日倒れてだめになるを繰り返して悲しい思いをしていたのですが、
最近少し余裕をもって行動しようと休むことを覚えました(ぇ?

出たかったイベントとかも、今までなら「無理すれば何とか!」だった思考が、
今は「無理するなら辞めよう」に変わって来ているので
それだけでも自分的にはとても良い兆候かな・・・と。

生活費をふんだくりに実家へ行った際、母に思いっきりダメだしを喰らいまして。
簡単に言ってしまえば、私の物事に対する説明が分かりづらいというか、
理解しづらくて聞いてる方が疲れると言われてしまったのですよ。

まぁ、母としてはそんな状態で相談員の仕事とかやれるのか?
って話なんでしょうけど。
相談の仕事でその部分に対してのだめ出しを出されたことは無いし、
相談票なども詳しくわかりやすく書いてあるとほめられたことはありますけど、
分かりづらいと言われたことは一応ないっす・・・。

本当に、母に対しての自分と仕事上の自分とは違うのですが、
そこが分かってくれないというか、
もっと基本の部分で母は自分に対しての信頼感が全くないのですよね。
だから、平気でこういう発言が出ると。

帰り際も何か文句言いたそうでしたが、
「いいよ」と言って半ば追い出すように実家を出されました。

多分、私がボランティアを始めたりしたのが気にくわないんでしょうね。
病気も良くなってきたようだし、バイトとボランティア生活じゃなくて、
精神障害者雇用でもいいからちゃんと働けって言うのが
母の本音なんだろうなぁと思いました。

とはいっても、やりたいことをやれてる今だからここまで回復してきたわけで、
またやりたいことを封印していわゆるちゃんと働くと、
また元の木阿弥になるのではと自分では思っているのですがね・・・。
なので、何とかやりたいことでお金を稼ぐ方法を考えたりしてるのですが。

母にはそれがまた嫌なんだろうなぁ。
人の金食いつぶして遊んでるようにしか見えないというか、
父の二の舞みたいなのが許せないのかも。

父も、会社を早期退職して会社を興したのはいいものの、
すぐに潰して、後は年金をもらうまでは母のお金を頼りに生きてきた人だから、
そんな父の姿に私が重なるのでしょう。
昔から父似の私を嫌がってた節がありますからね。

実家に行くと母から毎回おみやげ(?)というか食料を貰うんですが、
今回もホールトマトとひじきが入ってました。

確かにトマトスープを作ったりひじきの煮物を作ったりしていた時期もありますが、
今はそれが出来なくなってしまって、
レトルトカレーとか3食グラノーラを食べるとか、
超偏食状態に陥ってしまったのですよ。

なもんで、それを解消するために冷凍のおかずを頼んで、
少しでも栄養バランスを考えた食事をしようと思ってるのに・・・。
というか、その件について母にも話してあったのに、
嫌みのようにホールトマトとかひじきとかをおみやげに持たせるとは・・・(白目

母はそうは思ってないかもしれませんが、
自分としては少しは自炊しろっていうプレッシャーにしか思えず・・・。
辛いっす。

そんなこともあり、
自分としては今までカウンセラーさんに提案されても首を縦に振らなかったのですが、
いい加減母をクリニックに連れて行って、
主治医かカウンセラーさんに今の私の状態を母にきちんと話して貰う時期かなと
思い始めました。

前は、絶対母に一緒に病院来て話を聞いてくれといっても聞いてくれないだろうからと
諦めていたのですが、最近諦めてる状態じゃないぞと。
首に縄をつけてでも母を引っ張り出して聞いて貰わないと、
自分がもたないと自覚したというか。

甘えてるのは重々承知の助なんですが、後一年だけ何とか猶予が欲しいんですよね。
今の仕事+立ち上げた団体をマネタイズさせる、
または諦めてとりあえず就職+団体の仕事をする、
どちらにしても後1年ゆっくり考えたい・・・。

まぁ、純粋に障害者雇用で仕事っていうのも今の調子だとまだ難しいので、
状態をフラットにしていくのに後1年は掛かるかな~というのもあるし。
やっと少し無理をしなくなってきたので、
これでまた無理のある生活をして潰れたくないというのもあります。

一回焦って正社員になってすぐに潰れたっていう経験があるのでね。
またODしたくないし。
(今度万が一ODしたら、北里に運ばれるのか?日大永山か?北里は診察券あるけど・・・)

そんな話をカウンセラーさんとしまして、
次回母をどうやってつれてくるかなどの作戦会議をする事に相成りました。
カウンセラーさんも母を連れてきて話した方がいいと判断したようです。
しかし、母が私の話だけでくるとは思えず、
なのでカウンセラーさんに出頭要請の文章を書いて貰うことになるかなぁ・・・。

とにかく、少し自分の幸せの為に自分が動けるようになっただけでも進歩かもしれない。
今までだったら、我慢してればいいんでしょっていう
思考回路の方が先走ってましたからね。
我慢しない、でもちゃんと理解して貰うにはどうしたらいいか?
ということを考えて他人の力を借りることを恐れないようになったのは進歩だ~
と思うことにします。

そんなこんなで、未だふらふらしてるのに明日始めてのホルモン療法ですよ。
(ナグモの判定会議で落とされてなかったら)
まだ先だとばっかり思っていたのにねぇ・・・。
月日が経つのは早いものですね。

なんだかドキドキしてきております。
夜勤明けで初注射とかおつですね(何が?

別に1回打っただけじゃ何も変わらないけど、
何となくやっと次の一歩を踏み出したんだなぁという感慨を感じますね。
長いような、でもその長さと色々な葛藤が自分らしいというか。

本当に晩成型だなと思いますね。
てか、晩成すらしてないか・・・。

小学校の担任の先生の見る目は鋭かったなぁと今更ながら。
担任の先生のコメントで「この子は大器晩成型なので長い目で見て上げてください」
ってあったのです。

そんなありがたいコメントを書いてくださった近藤先生、どうされてるかな。
さすがに私が一年生の時に40代から50代近かったから、
お亡くなりになってる可能性があるか。

そんな先生のコメントに恥じないような人生を送っていきたいと思いつつ
なかなかですが。
でも、何か少し爪痕を残せたらなぁ~とは思います。えぇ。
雑草ですからw(何がだ

とりあえず、まずは母との問題をもう少しクリアにしないとねぇ・・・。
それと、法人の事業のマネタイズをどうするかだな。
こっちは、詳しい人に相談した方が早いかもしれない・・・。
誰か相談できる人いるかな。
考えてみよう。

でも、相談するとなるとコンサル料でお金がかかるので、
出来ればボランティア価格で遣っていただけると嬉しいのだが。
世の中甘くないか。ふぅ。

2018年11月4日日曜日

フリマなるものに出てみました。

はじめてフリマに参加してみました。
今までちまちま作った毛糸製品(帽子・ポシェット?)と、
プライドフラッグのアクリルたわしが大量にあったので、
一度フリマに出て見ようかと。

しかし、今回のフリマは集客もあまり熱心ではないせいなのか、
フリマ目当てというよりもフリマの開催場所の『ぽっぽ町田』に
買い物に来たついでに見ていくっていう人が多かったかなぁ…。

あと、手作り品オンリーとかそういう分類を考えて出品しないといかんですね。
アースディということで、色々なジャンルがごっちゃになっていて、
手作り品はウチだけ?かな?

それでも、アクリルたわしをわざわざ買いに来てくれた
知り合いがいたりして、ありがたかったです。

結局アクリルたわしが6枚売れたのみで終わりました…。
似顔絵書いてもらったり楽しかったけどw

ということで、売り方を考えないとなぁと思いました。
実際のフリマに出ると、出店料がかかるけどたまにお客さんとの交流がある、
が、実際出店料分も売れるとは限らない。

ネット上だと、売れるまでほっといていいけど、
相当スキルが無いとやっぱりねぇ…なんですよね。
うーん。

一応『BASE』に登録はしたのですが…。
キルトバッグのロゴ入りグッズとか売ろうかなとも思っています。
むむむ。

少しでも収入を増やす方法を考えないとなぁ…(ぉ?



東京造形大の学生さんが『にがおえ』屋さんをやっていて、
私も記念に書いてもらいました。

白黒100円、カラー300円という激安値段で、すごい繁盛してました。
御本人に伺ったら、こういう風に似顔絵を描くのははじめてだったそうですが、
とても上手い。
ツイッターのアイコンにさせていただきました。

さて、この顔がどういう風に変化していくのか、
それの記録としても描いてもらった部分もあります。
まぁ、頭部がやばくなるだけで、顔自体はあまり変化無さそうな。


2018年10月31日水曜日

【通院日和リターンズ】と、とうとうセカンド出た…

セカンドをしてくれる先生は水曜日の午前中だけね~という、
針間先生の無情なお言葉に従って、12時には針メンついてました。
何時もだったら、やっと起きるかまだ寝てるかの時間なのに・・・

(そういえば、斉藤環先生は講演会で引きこもりの理想の活動時間は、
朝12時頃までに起きて、夜2時頃に寝ればいいと言っておられましたな。
別に朝の6時に起きてもやることないしとな。
おいらはうつ病だから早く起きて日光浴びろって話もあるけど)

ほげーっとしながら待合室で待ってたら「処置室へどうぞ~」と
旧ソ連の肉屋(まぁ、察してください色々と)とも言われている
受付のおねえさんに案内されて、初めて処置室へ。

そこで、もう一人の先生に軽く性別違和の聞き取りをされ、
(女医さん。しかし、針メンは針間先生以外全部女性なのは・・・もしや・・・?
追記:男性カウンセラーさんもいるよというコメントをいただきました。
ということで、全部女性ではない可能性が)

そういや小中高と演劇やってたけど、やった役は男性役が多かったとか、
出来ればミュージカル俳優(正確には昔の劇団四季ですね)
になりたかったこともあるけど、私のやりたい役は全部男性であきらめたとか
そんな話をしつつ。

で、今更何でホルモン療法?って聞かれたので、
しがらみが無くなったのと、どうしても身体を男性化しないと、
精神的に無理になってきたのでと話をしたら、
ではサインしますねとかるーく言われてしまいました。

で、針間先生から話がありますので、
また待合室で待っててくださいねと言われ、
待合室で少し待ってから針間先生とご対面。

サインしないって言われなかった?と軽くジャブを打たれ、
ここでやっぱりホルモン療法辞めるでもいいんだよ~的なことを言われましたが、
それは堪忍してください・・・ということで。

で、そのあとの流れを聞く前に、
針間先生がまめた君の本を読んだらしく、
まめた君の源流(?)は私だったのか、という話になり。

まぁ、彼は若いときから目立ってましたからね~って話をしつつ。
私は全然でございますが。

そんな話を少しして、ホルモン療法と胸オペねといわれたんですが、
胸オペは保留で、という話をしてました。
子宮摘出手術したときに傷口が膿んでしまって
大変な目に遭ったことがあり、あまり手術はしたくない・・・。
胸はホルモンと、胸を鍛える運動と、後ナベシャツで何とかなるかなと。

ホルモン療法だけはしないと、どうしてもねぇ・・・なのでするつもりですが。

どこで打つか決まってるの?と聞かれたので、
てっきり針メンでやることが決まってるのかと思ってた私は、
一瞬「え?」みたいな感じになってしまいました。

で、針メンでお願いしますといったら、忠誠心が強いと言われましたが、
ただ単に昔からの私を針間先生は良くご存じですし、
今後、自分が納得するぐらいの男性化が出来たら、
ホルモン療法辞めることも考えてるので、
そういうことを言っても驚かないというか、理解してもらえるかなと。
そんな打算wだけでございます。

11月12日にナグモの判定会議を経て13日に最初のホルモン投与して貰います。

先生からは、せっかちとか気が変わらないうちに打つの?と言われましたが、
まぁ当たらずも遠からずかもしれない・・・。
たぶん、今打っておかないとまただらだらしそうな気もするし、
やっと出来るという高揚感もあるし。

というわけで、初めてジェンクリに通ってから16年位?
昔友人には30歳位にはホルモン療法始めて、
35歳位には男性として完全に生活しているって言ってたはずなのになぁ。
どうしてこうなった?

まぁ、そんな感じで、とうとうホルモン療法です。
どうなることや

2018年10月20日土曜日

人生2度めの救急車

夜勤明けで、新宿まで研修を受けにいっておった私は、午前は何ともなかったんです。

で、あまりおなかも空いてなかったので
(朝、研修時間まで時間が合ったので、
時間つぶしついでにマックでモーニングなんぞを優雅に食べていたのですよ)
サンドイッチと、ぷにほっぺ(どこのコンビニかバレるな)と、
飲み物にウーロン茶をチョイス。
(たぶんこのウーロン茶があかんかったのでは?と踏んでおります)

お昼はそれだけしか食べずに、午後の研修の1クール目は無事何もなく終了。
休憩の後研修2クール目に入ろうか、といったところで急に胃痛が。
しかもあまりの激痛に冷や汗をかく始末。

とてもじゃないけど、研修を受けられる状態じゃなくなり、
かといって自力で帰れる状態ではなくなりつつあり・・・とということで、
申し訳ないと思いつつ救急車を呼んで頂くことに相成りました。

救急車に自分自身が乗ったのは2回目(付き添いなら仕事で何度もあるのですが)
場所が新宿ということもあり、
女子医に瘢痕ヘルニアのフォローアップで通っていて診察券があるので、
女子医に搬送してもらうことにしました。

こんなこともあろうかと(?)iPhoneのメディカルIDを書いておいたのが
功を奏して、救急隊員さんにほぼメディカルIDを見てもらうだけで終わり。

そうじゃないと一々口頭で病気があってとかどこに通ってて
とか言わないといけないのですよ。
前回は自分一人だったし今回は付き添いの方がいましたが、
研修先の方なので私の病気をご存じではなく・・・

ま、そんなこんなで痛みに唸りながら女子医の救急へ搬送されて、
胆石の疑いだったんですが、CT所見では見つけられず。
たぶん急性胃炎とかそんなもん?ということで落ち着き、
胃薬1日分処方されて終わり。

しかし、喘息やうつ病もあるので
念のため鞄にヘルプマークをぶら下げてるのですが、
救急の看護師さんに「ヘルプマークつけてるから心臓が悪いのかと思った。
何で(喘息やうつ病で)ヘルプマークつけてるの?」と言われてちょっとショック。

いや・・・内部疾患だし、こんな時もあるし、
下手したら喘息の発作起こすかもしれないし。

今、喘息が安定しているので発作止めを処方してもらってないのですよ。
(処方してもらえって話もありますが)
まぁ、そんなこんなで、念のため着けてるんだけどなぁと思いつつ、
女子医の救急で運ばれてくるなんて心臓の人が多いだろうし、
ついついそんな風にも言いたくなるんだろうな、とは思いますけどね。
でもね・・・(まだ根に持ってるらしい)

よろよろと帰ろうとしたら、iPhoneがない!
救急車で落としたか、女子医で落としたか・・・。

とりあえず、看護師さんに見つかったら実家に連絡してもらうように
電話番号を伝えて、本当によろよろと。

新宿駅で何とか公衆電話を見つけて実家に電話したら、
すでに新宿の救急隊からは連絡が来ていて、
見あたらないので女子医にあるだろうと。

もう一度、対応してくれた隊員さんから電話をもらって、
大丈夫でしたか?と聞いてくれたそうです。ありがとう隊員さん。

自宅へ帰って、iPhoneを探すをやってみたらばっちり女子医にあったので、
月曜日が本来ヘルニアのフォローアップの日だったからそのときに貰ってきます。

新宿救急隊の皆様、ご迷惑&感謝でございます。
後で、お礼のメール?かなにかを送っておかねば。

2018年10月15日月曜日

【通院日和リターンズ】本当にやるの?×5(くらい・・・)

いつもは午後の診察始まりの15時から予約を取るんですが、
カウンセラーさんの都合で予約が17時半からに。
夜勤明け→ちょっと仮眠→町田で斉藤環先生の講演会に出る→針メンと相成りました。

しかし、針間先生の体力すごいよね。
土曜日診察あって、日曜日にシンポで話をして、月曜日はちゃんと診察。
私は、土日死んでたというのに・・・。

まぁ、それはいいとして。
カウンセラーさんも今回で終わりにしますねと言っていたように、
最後の自分史、の前に今月1ヶ月の話を少し。
こっちはがっつり八王子でやってもらってるのでそんなに問題はないのですが・・・。
相変わらず、9月は終わってみると忙しすぎて記憶が無いです~みたいな話をして、
もっと休みを取りましょうね~ってな話をして終わり。

で、まぁ最後なので、なぜ今までホルモン療法を含めてトランスしてなかったのか?
となぜこれからトランスしようと思うのか?という話が中心に。

いや、今までトランスしなかったのは簡単で、今までは、
仕事はどこかの組織に所属していて自分としては在職トランスが無理だと思ったこと。

また、母方の祖母が私が初孫なこともあり、女性性をすごく求めていたこと。
実家で暮らしていたので、トランスして放り出されるのも困るなぁと思ったことなど。

で、今は一応バイトしてるものの、基本一人で仕事しているので
トランスしていっても問題が無いこと、祖母はもう亡くなってしまい、
実家を出て一人暮らししてることなどでトランスしてもOKかなぁと。

ぶっちゃけまぁ、45歳をすぎてとうとう社会的に女性として扱われることに
疲れたというのが本音でしょうか。
外見を男性寄りにして、社会的に「男性?」ってくらいな形にしたいなぁと
思っていることを話をしました。

そんな感じで、自分史聞き取りが終了。
月に1回のペースだったり、自分がやらかしたり思いがけない事態w
があったりして、結局1年半ぐらい掛かってしまいました。
まぁ、そんなもんでしょうと思っていたので特に長いとも思わず・・・。いやはや。

で、針間先生との診察に。
針間先生に「本当にするの?」って5回近く問われたような気がする。
まぁ、確かに「やるやる詐欺」を繰り返していたオオカミ少年ならぬ、
オオカミおばちゃんでしたからね。えぇ。

で、「やります!」という話をしたら、ホルモン療法の同意書を出してくれました。
しかし、そこで問題が。
私は昔に塚田先生→針間先生と診察を受けていたので、
今回の診察はセカンドオピニオンだと思ってたのですが、
あまりにも昔すぎて塚田先生からの紹介状(というかファーストの書類)が無い!
昔、針間先生が上野で診察してた病院にはあるのかもしれませんけど・・・。

と、言うわけで今回が2度目のファーストになりました。はぁ・・・。
セカンドは塚田先生or針メンの他の医師のどっちがいい?と聞かれて
根性なしの私は針メンの先生をチョイス。
どうも水曜日の午前中のみ診察らしいので、31日の12時で予約しました。はい。

後は、針間先生とどこまでするの?てな話を。
ホルモン療法と、胸オペでいいかなと思ってたんですが、胸オペも微妙だなぁと。
ホルモン療法と胸を鍛えることである程度胸の問題は解消されるだろうし
(あとはナベシャツね)、人に裸を見せることもそうそうないですしねぇ。

後は、一回子宮摘出手術をしたときに、全麻が大変だったのと、
手術後に縫合した傷口が膿んですごく大変な目に遭ったこと
(40度近くの熱を出したものの、喘息のためロキソニンが使えず
クーリング&個室に移されて冷房で何とかしたのです)という前例があるので、
今回乳房切除術を受けたときにもそうならないとは限らないなぁ・・・
という怖さがちょっとね。
というか、こっちの方が怖いかもなぁ。はい。

あと、なんと言ってもお金がない。
本気でビンボーなんでいつお金が貯まるか分からないという・・・。

何となく、お金貯まったときには胸がどうにかなってそうなので、
ホルモン療法はするけど胸オペはペンディングです。はい。

2018年10月4日木曜日

【萌え話】 何度目だ『ハゲタカ』再放送きたー!

何ということでしょう…
あまりにもあまりで壊れていますが、祝・NHK版ハゲタカ再放送!

少し、NHKの再放送の案内が、テレ朝版『ハゲタカ』を煽ってる感じはしますが。
でも、再放送はホントに嬉しいですね。
あのメンバーが帰ってくるのが楽しみです。

どんなにアホと言われようとも、再放送の際はリアタイで見るつもりでおります。
(昔再放送を実家で見ていたら、「なんで同じものを何回も見るの?」と言われた
経験が…ヲタクの基本だと思うんですけど)

早く再放送の日が来ないかなぁ…


最近、今更ながらちょっと前のドラマを観る機会が多く、
最近だと『刑事ゆがみ』とか、ちょっと前の『チーム・バチスタの栄光』を見ながら
モエモエしてました。

『チーム・バチスタ』は、普通だと白鳥ぐっちーが王道かな?と思うんですが、
私はヤンデレ弟が素晴らしい義兄弟萌え…。
ヤンデレ弟は宮川大輔なのに…でも、あのヤンデレ具合がなんとも言えず。
兄さんを守るんだ!っていう理由のヤンデレも素晴らしく…。あぁ。

ということで、最近萌えが多く充実した毎日を送れています。
これが続くといいのですがねぇ…。

とりあえず、ハゲタカの再放送を観るまでは死ねない…(おぃ


2018年9月24日月曜日

【萌え話】ひかりTV~

テレ朝版『ハゲタカ』ですが…
一応全部完走しました。
が、これ以上言うといろんな意味でよろしくない話になりそうなので。

一つだけ、なんでテレ朝はリメイクしようと思ったんだろう…というのが、
感想でございます。

あやのごは好きな俳優さんなんですけどね~
鷲津には似合わなかったかも。

最近、自宅に光テレビが入ったせいで、見逃した連ドラや古いドラマが見放題で、
うはうはしてます。

特に『悪魔のようなあいつ』を見ることが出来たのが本当にラッキーでした。
栗本薫の『朝日のあたる家』の元ネタになったドラマ、とは聞いていたものの
見る機会が全然なく、やっと見ることが出来ましたよ。

いやージュリーが綺麗。
あと、藤竜也がかっこいいですね~。
リアルタイムで見てたら絶対ハマってたと思います。

あと、『刑事ゆがみ』も面白かったです。
羽生×弓神のヘタレ攻めで思いついたものの、結局完成せずでございます。
うーむ、愛が足りなかったか。



2018年3月10日土曜日

久々の観劇

本当久々に劇場に行ってミュージカル見てきました。
この所みたいものも無かったのもありますが、
精神面、体力面、金銭面で行けなかったのが実情かな。

最近は映画が1,000円になるので、ボチボチ見に行ってますが…。
あ、もう一人1,000円で映画見られるので、何かの際は。
ただし、手帳交付されないと無理ですが。

で、まぁラカージュを久々に見に行ってきました。
鹿賀さんといっちゃんの息の合った夫夫が、倦怠期の夫夫には見えないw

二人が育ててきた息子が結婚したい、
相手の両親に会うから生みの母親を連れてきて、
自分を育てた父のパートナーに、一日出て行ってくれ、というシーンには何というか…。
最後にはめでたしめでたし、でしたけどね。

セリフとか歌詞とかに、「ホモ」が連呼されててねぇ…。
昔の作品だから仕方ないんでしょうが、
「女装のホモはこっち、私は普通のホモです」というセリフに笑いが起きたりとか、
ちとね。

いっちゃん扮する女装(ドラアグ?)の売れっ子ザザが歌う
「私は私」にグサリと刺されつつ、初日だったので、いっちゃん大暴れで楽しかった。

久々に笑い転げて、しんみりくる話でした。ふー。

しかし、3月また休みをまともに入れ忘れ、どこかで倒れる…。
気が付いたら休みがねぇ…。ないんだよねえ…。

4月からは、もう少し仕事のメリハリつけないと、倒れたままだ…。はぁ…。

明日は、おかっちの講演会の手伝いしてきます。




2018年3月5日月曜日

確定申告…へ行くはずが…あれ?

本当は、確定申告しに行こうかなぁと思ったのですが、
実践セミナー→ミーティング→夜勤のコンボにやられて、
現在自宅でお布団と仲良くしてます。

なんでこんなに体力無いのか…と思う半面、
カウンセラーさんに言われた、ブレーキ掛けながらエンジン全開を長年やったから、
エンジン故障中だから致し方ない、と思う事にします。
雨も酷いしね。

これ以上仕事をふやそうとしたけど、
結果的にダメになってしまってよかったのかもしれません。

やっぱり、仕事増えたら無理だわ…。
あの3日でこれなんだもん。
頭をつかわない仕事ならいいのかな?

ストレスとか、負荷が掛かるのは無理だな。まだ。

悲素

ふと目について購入し、読み途中。
筆者が現役の医師でもあり、
鑑定医とも親しくて鑑定医が退官するときに資料を譲られたとか。

そのせいもあるのか、リアリティがすごい。
読み進めると息苦しくなってくるので、休み休みですが。

『閉鎖病棟』など、筆者の仕事から着想されたものを何冊か読みましたが、
小説のスタイルを借りて社会に提言していて、今回のもその感じを受けました。

加賀乙彦も、『宣告』『湿原』で死刑制度に
小説からアプローチしていたのをふと思い出し。

どちらも、精神科医で作家なのが共通してるなぁ。
なだ・いなだの『おっちょこちょ医』もそうか。

精神科医で作家兼業の人は構内のカナリアみたいな部分があるのかね?


悲素

2018年3月4日日曜日

愛着障害の克服 「愛着アプローチ」で、人は変われる

ふーんと思って買ってみたけど、やっぱりふーんでした。
作者は愛着障害さえ克服すれば、精神疾患は治る、
もしくはマシになるというけど、本当かぁ?としか。

少なくとも、私はマシになったのは、精神薬とカウンセリングの両輪だし、
愛着障害はあるし。
作者自体が愛着障害に愛着してる感ばりばり…。
それなりに為になったけど。

そういう意味ではまだ『子どもの脳を傷つける親たち』の方がまとも。
どちらにしろ、フォーカスされてるのは、
20歳くらいまでの子どもなんで、45歳はどうしたら…。でした。


愛着障害の克服 「愛着アプローチ」で、人は変われる


2018年3月3日土曜日

すのこベッドを自分で解体するのっていかがなものか。

珍しく早起きしたので、いい加減すのこベットの解体を終わらせようと、
音楽聴きながら解体していたら、不動産屋の社員さんに連れられたご夫婦が。

どうも隣が空くらしく、それで外観だけ見に来た様子。
すいません、隣は外ですのこベット解体してる人間です。
しかし、この時期に見に来るとは遅くないかい?

そして、すのこベッドの解体が終わったあとは、
『さよなら渓谷』を見ていました。(CSでやっていたので録画)
ガッツリ立嗣にーちゃんと南朋さんが組んでるのは初めてでは?‬
‪最後の余韻が、見る人の想像を掻き立てるのだろうなぁ…。

立嗣兄ちゃん、なんとなく作風が変わってきてる気がするんだけど、
気のせいかしらん?

2018年3月1日木曜日

引っ越しすると手続きがめんどくさいよね。

‪手帳と自立支援の手続きに市役所へ行ったら、
八王子市に課税状況をマイナンバーで問い合わせとのことで、控えが郵送に。
まあ、八王子市に取りに行けと言われなかったからいいや。‬

‪ロビーで、スワンベーカリーさんのパンを売ってたので、
久し振りにパンを購入。わーい\(^O^)/‬

そして、市役所の外で早速モグモグしてます。

2018年2月22日木曜日

蓮さ~ん!

パシュート金はめでたいけれど、それよりも大杉漣さんの訃報が…。

大杉漣さんから直々に貰った、サイン入りのビデオ大切にします。
ファンのオフ会に顔を出してくれて、サイングッズを持ってきてくれた漣さん…。
ファンの掲示板に気さくに書き込みをしてくれた漣さん…。

涙止まらないわ…。

そんな気分のまま、家に帰ってエアコンの取り付け工事。
エアコンを変えてもらったら、暖かさ激変!
こんな温度でここまで暖かいの⁈みたいな感じです。

前のエアコンがどれだけ古かったのか…。
後は、すのこベットを待つのみ。

不燃ゴミ40リットル袋2枚くらいだけ欲しいのに、
町田は10枚単位でしか売って無い様子。
八王子は40リットル袋は1枚のばら売りしてたのに…。

壊れたすのこベットを解体してました。
良く考えれば粗大ゴミで出した方が早いし安かったかもなぁ…。
まぁいいや…。

そして、えだのんはやってきました。

わざわざ、小山田桜台まで来た枝野さん。
妹は握手してもらったとか。
マイクを握ってるのは、石毛さんですね。

わしも会いたかった…。

2018年2月21日水曜日

えだのんとすのこベッドと


妹からメールが。
私はエアコン取り替えが早めに終わったらかなぁ…。
無理そうだけど…。残念。

しかし、妹も言ってたけど、田舎までわざわざ来てくれるとは。
ありがたいけど、党首大変…

そして、ガーン。
寝ようと思ったら、いきなり折りたたみすのこベットがご臨終…。

あした、仕事前にニトリに行くか…。
いらん出費が…。

2018年2月20日火曜日

期日前投票へ行ってきました。

ちょいと町田のhandsに行きたくて、ついでに町田市議市長選挙の期日前投票へ。

性別ボタンはあるモノの、厚紙で高く前を覆ってるので、
ボタンは見えなくなってました。

まぁ、本人だけかな見えるのは。
指の動きで分かるからね〜。

でも、そこまでの配慮がして貰えるようになっただけでも進歩。

市長選挙の投票用紙を渡そうとした時、
担当さんが資料を二度見してから女性ボタンを押してたのを見て、
少しはパスしてるのか?とか思いました。(ナイナイ

そして昨日の針メン受診で、
針間センセに、しみじみ居場所無かったんだねぇと言われて、
私が居場所にこだわる原因が分かった気がした。
自分が無かったから、仲間が欲しかったし、
無かったからこそ作った場をなくしたく無いのかも。

私以外にも、居場所が無い人は居て、そんな人の居場所になれたら幸せですが。

あと、最近ホルモン療法するためにちゃんと針メンに通ってるのは、
形が女性である以上は女性と認識されるのは仕方ない。
だからといって誰彼構わずカムアウトしてたら、相手がつらい。
なら、形を変えるかということで、ホルモン療法をしようと思ったと。

性自認と性表現をやっと一致させようと思うようになったんでしょうね、
昨日の針間センセに言われた事からすると…。
しかし、思うまでが長いw15年近くたってるよw

2018年2月19日月曜日

【通院日和リターンズ】拗らせたらこうなるのよね。

針メン受診終わり-。
anno job log にて、クラウドファウンディングのお知らせを
載せて貰える事になりました(*゚▽゚)ノ

自分史で自分の20代の恋愛話をほじくられ、
針間センセから、 性自認と性指向と性表現を拗らせたね、
と言われましたが、その通りだなぁと。

いまだ、そのトラウマが…。

詳しく話すと…

大学時代、良い雰囲気だった男友達、
正確には両思いに近かったシス男性に、
初めて自分のセクシャリティを伝えたら振られて。

その後、バイト先の家電屋の店長(当時40くらいの冴えないおっさん)を好きになって、
相手もまんざらではなさそうな感じ(いや、私の妄想か)だったけど、
店長が別の店舗に移動になった時に、友人に教えて貰いながら、
ケーキと好きな気持ちとカムアウトした手紙を渡したんだよね。

一回だけ店長の新しい職場に顔出して、
仲良かった社員さんに店長の携帯の電話番号きいて、
勇気を出して電話したら電話してくるな、と言われて終わった。

ゲイ&レズビアンパレードのボランティアに行けば、
身体は女性だから自動的に「レズビアン」に振り分けて、
自分は「ゲイ」の中に入れない事を見せつけられて、
どこにも安心できる場所はなかったよね。

女装すれば、男性に好かれるかと思ったけど、
カムアウトしたら逃げられてしまうと思うから、恋に恋して終わるという。

トランスしたところで、ゲイに好かれる訳じゃないと思ったし、
家庭事情も許さなかったから、トランスせずにいたし。

逃げる先はやおいしか無かったんだなぁと、しみじみ。

エアコン交換!と読書会ように…

入居の時からエアコン古いから交換かなぁ?という話は出ていたのですが、
不動産屋に一応エアコン交換を打診したところ…。

ひゃっほー 今更ながらエアコン交換決定しました〜!
よかったー

『もうひとつの青春―同性愛者たち』 
多分、本棚漁れば単行本が出てくると思うんですが、
3月18日に行われるリトマスでの読書会用に読み返すのもあって、
文庫本を古本で再度購入。

何度も書いてますが、この中に予備校時代英語を習っていた先生が出てくるんですよね。
通っていたのは、YMCAが運営していた予備校。
皮肉ちゃ皮肉。

たまたま、同時期にフジテレビの『ノンフィクション』という番組でも
この話をやっていて、それを見た時に、先生が映ってて確認した次第です。

今、読むとどんな気分なんだろうか。

ちなみに、登場人物みて思い出しました。
教わってたのは、神田先生だ…。

2018年2月17日土曜日

どう考えるかは人それぞれ。


トランスジェンダーの男性、第一子を妊娠「たまたま、妊娠できる男性だった」

ほう。

私は自分か妊娠出産することに嫌悪感を感じるので無理ですが(子宮摘出してるし)、
だよねーとは思います。

日本ではなぁ…。
戸籍変更した時点で無理だし。

2018年2月16日金曜日

あみあみ。

いつも編み物してるような…。
叔母用の帽子に取りかかりました。




どぅえんきだいがぁぁぁぁ

電気代が1万越してめんたま飛び出てます。
寒かったし、エアコンをガンガンかけてたせいか…。
昔のエアコンなんで、省エネにならない事が判明。

まだ、電気ストーブだけの方が電気代が安いかも…(;_;)

最近、ひかりTVで唐沢版の白い巨塔と、
振り返れば奴がいるを録画してみてました。

どちらもド嵌まりして、同人誌買いにいったりしたんですが…。

うーん。思い出補正されていたせいか、思ってたより振り奴が面白くない…。
25年前の作品だからかなぁ…。

巨塔を見て振り奴見ると、田宮版の白い巨塔のオマージュがちらほらと。
昔から、三谷幸喜はこういうの好きだったんだなぁと。

でも、25年前の作品なのに、脳死問題や安楽死、ガンの告知の有無など、
今もまだ問題になってる話が出てきてその辺りは凄い。

昔に比べると、司馬の優しい部分がみえてきて、石川の甘っちょろさにイライラしたり。
中川部長のタヌキオヤジぶりも楽しめますが。
でも、またハマる程ではないのが残念。
昔は、司馬中だったけと、今なら中司馬でもよいかも…(何?

いやー、ひかりTV入れてCS見られると、ひきこもりに輪が掛かる…。
だから、電気代が…。(´;ω;`)ブワッ

2018年2月15日木曜日

叔母用にスヌード?編んでみました。

叔母用にスヌード?編んでみました。


うーん、微妙。

立ち上がっちゃったよぉぉぉ。

クラウドファウンディングがとうとう立ち上がり、知っている方達からの善意が早速集まってきて、嬉しさと、身が引き締まる思い。

もう、私が辞めたいときに辞める!とかある意味自分のグループから、
社会的にも意義のある、また出来れば、
半継続的に私が居なくなっても続けられるものを作っていかないとな、
と、考えるようになりました。

土台に少しだけ土を盛るのが今回の法人化で、
また法人化が決定したら、土が固まるまでは行動はのんびりになるとおもいますが、
確実にやっていきたいと思っています。

ありがとうございます。

2018年2月14日水曜日

クラウドファウンディングに挑戦しています

お久しぶりです。
いま、readyforでクラウドファウンディングに挑戦しております。

もしよろしければご支援よろしくお願いいたします。

https://readyfor.jp/projects/ftmsooudanjigyou

です。

2018年1月19日金曜日

ヘルパーさんって入るの?

そういや、診断書を書いてるときに主治医からヘルパーとか入っているのか?
と聞かれました。

3級でヘルパー頼めるっけ…?とはてなマークが頭に飛んでしまった…。
何とか家事は出来てますので、ヘルパーさんは来てません。
後、生活状況は聞かれたな。
まあ、手帳の診断書書くのに必要なんだろうけどヘルパーさんの件はびっくり。

そして、夜勤先からは、どうも病欠者が出る→
とりあえず梅田はヒマそうだから聞いてみるかになってるよう。
さすがに夜勤明けに夜勤して、その後夜勤2連勤は無理です…。
バイト自体は楽だけどさぁ。

てか、バイト先に病気の話はしたけど、
手帳取ったのは採用後で手帳の話はしてないからなぁ…。

手帳持ちが同じく手帳持ちの人を、一応とはいえ支援するシュールさ。
なんだろう。

2018年1月16日火曜日

な、なんだとぉぉぉぉ

八王子の精神科受診して、手帳と自立支援用の診断書を頼んだら、
先生が目の前で診断書書くじゃないですか…。
びっくりした…。

ちなみに診断はICD10だとF32.2 だそーです。
(お暇な方は検索して下さいな。)

本人はガックリしております。
もっと軽いと思っていたので。
まぁ、手帳用だから少し重く…。(書かないな、主治医は…。)
反復性うつもあるらしいですよ。

現実を突きつけられて、少しガックリ。
自分が考える社会生活は送れないのかなぁ…。
まだまだ。はぁ。

そんなこんなで、いい加減母を主治医と話させようと考えております…。
イマイチ所か、全然分かって無いからね…。母は…。

私が言うより、医師からガツンと言ってもらった方が良いかと。
はぁ…。

しかも、家に帰ってきたら、電気代請求書が来て先月より高くなってたー!
電気ストーブonlyはだめか。
エアコンと電気ストーブをうまく使いこなすしかないなぁ…。
と、また作戦を練り直します。

そんなこんなでお金がかかるので、
ナンバーポータビリティで、iPhoneをそのままソフトバンクから楽天に移動する事を
思案中。
iPhoneの残債はあるけど、分割払いできるらしいし、
それでも楽天に移動した方が安くつく。

そして夜勤仕事へ。
寝ようと思ったら、利用者さんに捕まった。
電話がかかって来て愚痴を話し始めたので、10分位愚痴を聞いて終話。

まぁ、そういう日もあるわな…。
てか、それが夜勤の仕事ですからね。

2018年1月15日月曜日

【通院日和リターンズ】居場所って大切

はりまーとこ、自分史の聞き取り終わりではりまー先生の診察待ち。
自分史でカウンセラーさんから言われたけど、
まどかちゃん所は自助グループだったなぁ。確かに。

思えば、八岩まどかさんの所で飲み会していたのは、自助グループだったのだな、
としみじみ。
そして、FTMで男性好きでも良いじゃないのーと言ってくれたのは
はりまーセンセだったのだが。まぁ、本人忘れるよな。
TNJの勉強会で、阿部・塚田・針間先生とその頃のビッグ3を集めて行われた時の頃。

三橋さんがまだパートタイムで女性していた時代の話だ。
私ゃは、その1点ははりまーセンセに恩を感じてる。
FTMは彼女連れで来ていて、女が好きじゃ無きゃFTMじゃないみたいな空気の中、
震えながら質問したら、それも有りと言われて、あ、いいんだとどれだけ安心したか。
まだ、医者信仰が強い時代で、

医者にハンコを押してもらって、やっと大丈夫と思えたんだよね。
今は吹っ切れてますがwあの時は死活問題だった。

本当に、八岩さんとことかTNJとかTSGが無かったたら、
針間センセがそう言ってくれなかったら、今の私はないと思うのです。しみじみと。

MXは、ずっと恩送りの気持ちでやっている部分もあってですね…。
だから、ずっと続けられてる部分もあるのかなぁと。

MXを卒業?して、自分でまたなにかやってくれたら良いなぁと思ったり思わなかったり。

手帳と自立支援がっ…。

せっかく?市役所に行ったけど、手帳と自立支援の申請が別に!とはいえ、
3月だけ申請期間が被るので、3月に両方申請します…。
忘れないようにしよう。

そして、今回の確定申告は八王子市か?もしや…。
去年の1月1日付けで何処にいたかでしたよね?
面倒くさい-。町田市でやれるのかなぁ?

も少ししたら、針メン行ってきまーす。

昨日は楽しかったんですが、何しろ飲みすぎで二日酔い…。
ダメ人間がもっとダメ人間に。
はりまー先生の顔みても治らないしなぁ…。

2018年1月14日日曜日

同窓会~

今日は場づくりクラスの同窓会で14時から23時頃まで、 ほぼお酒を飲み続けてました。
途中、2次会は夜勤明けで眠ってましたが…。

スナック形式のパーティーは楽しかったー。
プレゼント交換では、ヒヤシンスを頂いたので
ジャングルに一輪の花を咲かせたいと思います。

ばづくじは何回引いてもいいよーとの事で、欲張りに2回引かせてもらったんですが、
どちらも『直感を信じよ』でした(゚Д゚)
ばづくじは24種類×2コあったそうで、よっぽど大切な事なので2回言いましたな感じ?
今年の目的は直感を信じて動く、かな。

さて、明日は針メン受診です。
もうそろそろホルモン療法の話が動くかなぁ…。
ま、直感を信じて動きます。

いやはや、最近酒を飲みすぎなので、お酒を止めよう。
家では一切飲まないのですが、飲み会行くと飲んじゃうんですよねぇ…。
お酒飲むと、薬飲むよりハイになるから人間関係楽に…な考え方が
既にアルコール依存性だよなぁと思う時もあるのです。
アルコール依存性とは言わないまでも、完全予備軍なんで、酒は気をつけないとな。

明日、早く起きれたら市役所行って、手帳と自立支援の書類を貰ってこないとなぁ…。
今年は2年に一度の診断書提出の年なので。
面倒ですが、無いと困るので行ってこないと。
はぁ…。

半ば諦めてはいるものの、クスリを飲まない生活がしたい…。
ま、それをやると今度は呼吸器科の主治医に怒られる…。
さて、楽しんだから寝ますかね。

2回ともこれが出たのですよ。



分かるけどさ。

「再自殺させない」救命医療の現場に精神科医が常駐する理由
『一度、自殺を試みた人が再び自殺しようとする確率は高く、何らかの精神疾患を抱える人が多い。横浜市立大学附属市民総合医療センター・救命救急センターでは、再自殺を防ぐため精神科医が常駐している。』

これは本当で…。
救命医療と精神科の連結って、昔からあるもんだと思ってましたが…。
(実例を知っている・私自身ではありません)

再自殺させない、か…。
自殺未遂(?)した人間からすると、ちょっときつい言い方かもな-。