2018年11月13日火曜日

【通院日和リターンズ・ホルモン療法編】貴方がホル注を許可したから、11月13日ははホル注記念日

って、俵万智が書いた元ネタを知ってる人がどれだけいるのだろう。
『サラダ記念日』って1987年なんですね。おそロシア。

と、言うわけで針メンに行って、初ホルモン注射と相成りました。
針間先生は、最後まで「ここで辞めてもいいんだよ?」と
優しい言葉(?)をかけてくれましたが、さすがに今回ばかりは私の意志も固く。

ただ、もしかしたらどこかの時点でもう辞めるっていうかもって話はしておきました。
ある程度、自分で納得できる体型になったらホルモン療法しなくてもいいかな?
と考えてるので。

その代わり?胸オペはしないかもという話をしつつ。
子宮摘出手術の時に熱を出すわ、傷口はしっかり残ってるわ、
ついでにヘルニアになるわと散々だったので、手術はもういいかなぁと。

昔に比べると胸もしぼんで来たし(ぉ?)
ホルモンする事でどうなるかといった所もありますね。

次の予約いつにする~?と聞かれ、
とりあえずは3週に1回ペースでいこうかなというわけで、次回は来月3日です。

最初予約した日が4日火曜日だったのですが、
その日は八王子の通院と重なってることに気づき、
前日の月曜日に繰り上げてもらいました・・・。
火曜日午後休診だから、午前中に行かないといけないのも辛いし。

男性ホルモンですが、さすがに250ミリではなく125ミリを注射されました。
うーむ。
子宮が無い→生理が来ない→生理を止める必要は無いから125ミリって判断なのかな?
それとも年齢の問題か。

初めて人様にケツを晒してケツに注射されるという悲劇・・・。
やっぱりお尻に打つのねって思った次第。

注射、思ってたより全然痛くなかったです。
よっぽどへたくそな看護師さんに採血される方が痛い・・・。
看護師さんが優しい方で、初注射の私に色々とレクチャーしてくださいました。
ふむふむ。

やっぱり、ずっとお尻に打ってると固くなってくるとか、
痛点に当たると痛いとか、注射液が漏れるといったことも起こるとか。
そのときは遠慮なく言ってくださいね~と言われました。
そうかーと思って聞いてました。

半分寝不足でぼーっとしてたので、
あまり初注射の感慨というのも沸かず、
あーとうとう始まったのか~ぐらいな感じでした。
ここまで約20年掛かってるwのもスゴいけど。

まぁ、一部の方々は「ともぞうがやっとホルモンするの?」とか
「マジなの?」とか針間先生に質問をされていたようですが・・・

あと、天国のゼロ島先生、ともぞうはやっぱりFTMでしたよー。
散々、ゼロ島先生には「君はFTMなのかい?」と疑問に思われておりましたが、
どうもやっぱりそうだったらしいです。

まぁ、何で今更ホルモン療法するの?と聞かれる機会もありましたので、
一応今日に至る心境というか、何で今更なのかを少し。

元々、2002年に塚田先生の所へ通い始めた段階でホルモン療法を
するつもりではあったのです。
周りの友人たちも、ホルモン療法をしてる人が多く、
すでに性自認での暮らしをしてる人も多かったですしね。

ただ、自分の場合は、自分よりも周囲を大切にする癖がそのころはあったので、
ホルモン療法をして男性化していった時の弊害を考えると
これはやばいぞという結論に至ったというのが本当の所ですね。

まずは、母方の祖母が私が初孫だったせいもあり
「ともちゃんのウエディングドレス姿を見るまでは死ねない。」
と思いっきり言っていたこと。
そんな祖母に、男性化した自分を見せられない!というのがあったのです。

また、そのころは実家暮らしをしていたのですが、
父と妹は理解してくれたのですが、母がネックでして・・・。

差別感情は無いよ、と母は言うもののTLGP
(東京レズビアン&ゲイパレード。昔夏に開催されていたパレードです)
のスタッフTシャツを着たまま家に帰ったときには、
「ご近所に見られたら恥ずかしい」と言い放つし、
いわゆる「オカマ・オナベ」がテレビに出てると嫌な顔をするし・・・と、
バリバリの差別主義者。

そんな母に自分がトランスですなんて言ったら、
包丁出して脅されそうな勢いだったので黙ってました。
(実際、私と喧嘩したときに包丁を出してきた過去があるので、
あながち私の誇大妄想とは言い切れない部分が・・・)

後は、仕事の問題。
これが結構やっかいでして、
当時自分がいた職場は女性が少ないので昼ご飯は女性だけで食べたり、
女性のみロッカーがあり私もそれを利用していたこと。
女性ロッカーに入ってた人間がいきなりおっさんになったらそれはそれで問題が…。
後はその当時は派遣社員だったので在職トランスが出来るかどうかが不安だったこと。

で、無事トランスしたとしても、
男性としてのお作法を習ってきてないので(当たり前)
男性社会で仕事が出来るか?っていう不安が・・・。

そんなことが色々重なって、今は時期じゃないし、
まだ女性として何とか生活出来ると判断して、
ホルモン療法を保留にしつつ、
セカンドでお世話になった針間先生の所へたまにグチを言いにいく
生活を送っていたのです。

が、40歳を過ぎてその生活自体に段々無理が生じてきたことや、
自分をトランス男性として尊重してくれる職場に出会ってしまって、
片や女性として仕事をしている自分、
片や男性として尊重してくれる職場で仕事をしている自分がいて、
自分が引き裂かれた状態になってしまったんですね・・・。

で、なんだかんだ言って男性として尊重してくれる職場の方が
居心地がいいのが当たり前でして、そちらの方へとシフトして行ったわけです。

で、名の変更もして、カムアウトして仕事をしていくわけですが、
やっぱりどんなにカムアウトしても、
身体が女性のために女性扱いをされることもあるのですよ。

それは相手が悪いわけではなく、
自分の身体が女性である以上は仕方ないと思い、
身体を男性に見えるように変えていかないとなと思うようになってきたのです。

で、ネックだった祖母も亡くなって10年近く経ち、
母も薄々分かっていたといいながら、
今年(かな?)母に無理矢理カムアウトさせられて、
一人暮らしも5年を迎え、そろそろいいかなぁと思って
ホルモン療法に舵を切ったのでした。

まぁ、人間いつ死ぬか分からないですからね・・・。
自分が亡くなったときに女性体で死にたいか
一応男性に見える状態で死にたいか?と考えたときに、
一応男性に見える状態で死にたいなぁとも思っていたので、それもあったりします。

しかし、自分の中で自分は「シス男性」って感じがないんですよね。
確かに性自認は男性ではあるけど、
女性として生まれてきて女性として生活をしてきてしまっているので、
今更その女性として生活してきた部分を無くすことは出来ないし。

何て言うか、男性と女性のハイブリットというか、
よく分からない人でいこうと思ってます。
よく分からない人だからこそ見えるものというのもあるような気もしますしね。

と、そんな感じでホルモン療法始まりました。
すこしづつ、変化なども書いていきたいと思います。

2018年11月12日月曜日

サインバルタ、恐ろしい子(白目

えーと、サインバルタと聞いてピンと来る人来ない人といらっしゃると思いますが、
まぁ大体想像がつくかと。

サインバルタは、抗うつ剤の一種でございます。
私は現在処方量限界の60ミリを服薬しているのですが、
本来の予約日がどうしても用事があって受診できなかったため、
数日受診出来ない状態が出来てしまい仕方ないので
半分の30ミリ(60ミリの処方の場合は30ミリ×2ヶなので)を飲んでいたのです。

この手の抗うつ剤は急に断薬するといわゆる「シャンビリ」
(耳鳴りが酷かったり、手などがビリビリしたりする副作用?と言われてるもの)
が酷く、私の場合は一日でも断薬するとすぐに耳鳴りがやってくるのです。
しかも、キーンという高い音だけでなく、
耳の中で鈴みたいなものが文字通り「シャンシャン」という状態が続きます。

なので、それを防ぐためにせめて半分量で何とか通院まで過ごそうと思っていたのですが、いやはや、いつも60ミリ飲んでても調子悪いなぁと思っていたのですが、
それでもまだ調子は良い方だと実感しました。

30ミリになったら、ガクッと調子が落ちてしまって
バイトに支障を来すんじゃないかと。
抗うつ剤と共に睡眠用の眠前薬も足りなかったので、
眠前薬飲んだり飲まなかったりしてたんですが、
飲まないと、眠れないのはまだ良いとして、
寝れたー!と思ったらスゴい悪夢を見まくり撃沈とかね。

眠前薬も飲んでるときは「効かねー!」と思っていたのですが、
いざ飲まなくなると効いてるんだなぁと思うことしばし。

まぁ、そんなこんなで悪夢のような日々を過ごしておりましたが、
無事土曜日に診察とカウンセリングを受けて、やっと平常運転に戻ってきました。
やっぱり、これでも効いてるんだなぁ色々とと思うのであります。

まぁでも、少しは良くなってきているのかなと実感する事もあり・・・。
今までは無理矢理予定を詰め込んでいて、
当日倒れてだめになるを繰り返して悲しい思いをしていたのですが、
最近少し余裕をもって行動しようと休むことを覚えました(ぇ?

出たかったイベントとかも、今までなら「無理すれば何とか!」だった思考が、
今は「無理するなら辞めよう」に変わって来ているので
それだけでも自分的にはとても良い兆候かな・・・と。

生活費をふんだくりに実家へ行った際、母に思いっきりダメだしを喰らいまして。
簡単に言ってしまえば、私の物事に対する説明が分かりづらいというか、
理解しづらくて聞いてる方が疲れると言われてしまったのですよ。

まぁ、母としてはそんな状態で相談員の仕事とかやれるのか?
って話なんでしょうけど。
相談の仕事でその部分に対してのだめ出しを出されたことは無いし、
相談票なども詳しくわかりやすく書いてあるとほめられたことはありますけど、
分かりづらいと言われたことは一応ないっす・・・。

本当に、母に対しての自分と仕事上の自分とは違うのですが、
そこが分かってくれないというか、
もっと基本の部分で母は自分に対しての信頼感が全くないのですよね。
だから、平気でこういう発言が出ると。

帰り際も何か文句言いたそうでしたが、
「いいよ」と言って半ば追い出すように実家を出されました。

多分、私がボランティアを始めたりしたのが気にくわないんでしょうね。
病気も良くなってきたようだし、バイトとボランティア生活じゃなくて、
精神障害者雇用でもいいからちゃんと働けって言うのが
母の本音なんだろうなぁと思いました。

とはいっても、やりたいことをやれてる今だからここまで回復してきたわけで、
またやりたいことを封印していわゆるちゃんと働くと、
また元の木阿弥になるのではと自分では思っているのですがね・・・。
なので、何とかやりたいことでお金を稼ぐ方法を考えたりしてるのですが。

母にはそれがまた嫌なんだろうなぁ。
人の金食いつぶして遊んでるようにしか見えないというか、
父の二の舞みたいなのが許せないのかも。

父も、会社を早期退職して会社を興したのはいいものの、
すぐに潰して、後は年金をもらうまでは母のお金を頼りに生きてきた人だから、
そんな父の姿に私が重なるのでしょう。
昔から父似の私を嫌がってた節がありますからね。

実家に行くと母から毎回おみやげ(?)というか食料を貰うんですが、
今回もホールトマトとひじきが入ってました。

確かにトマトスープを作ったりひじきの煮物を作ったりしていた時期もありますが、
今はそれが出来なくなってしまって、
レトルトカレーとか3食グラノーラを食べるとか、
超偏食状態に陥ってしまったのですよ。

なもんで、それを解消するために冷凍のおかずを頼んで、
少しでも栄養バランスを考えた食事をしようと思ってるのに・・・。
というか、その件について母にも話してあったのに、
嫌みのようにホールトマトとかひじきとかをおみやげに持たせるとは・・・(白目

母はそうは思ってないかもしれませんが、
自分としては少しは自炊しろっていうプレッシャーにしか思えず・・・。
辛いっす。

そんなこともあり、
自分としては今までカウンセラーさんに提案されても首を縦に振らなかったのですが、
いい加減母をクリニックに連れて行って、
主治医かカウンセラーさんに今の私の状態を母にきちんと話して貰う時期かなと
思い始めました。

前は、絶対母に一緒に病院来て話を聞いてくれといっても聞いてくれないだろうからと
諦めていたのですが、最近諦めてる状態じゃないぞと。
首に縄をつけてでも母を引っ張り出して聞いて貰わないと、
自分がもたないと自覚したというか。

甘えてるのは重々承知の助なんですが、後一年だけ何とか猶予が欲しいんですよね。
今の仕事+立ち上げた団体をマネタイズさせる、
または諦めてとりあえず就職+団体の仕事をする、
どちらにしても後1年ゆっくり考えたい・・・。

まぁ、純粋に障害者雇用で仕事っていうのも今の調子だとまだ難しいので、
状態をフラットにしていくのに後1年は掛かるかな~というのもあるし。
やっと少し無理をしなくなってきたので、
これでまた無理のある生活をして潰れたくないというのもあります。

一回焦って正社員になってすぐに潰れたっていう経験があるのでね。
またODしたくないし。
(今度万が一ODしたら、北里に運ばれるのか?日大永山か?北里は診察券あるけど・・・)

そんな話をカウンセラーさんとしまして、
次回母をどうやってつれてくるかなどの作戦会議をする事に相成りました。
カウンセラーさんも母を連れてきて話した方がいいと判断したようです。
しかし、母が私の話だけでくるとは思えず、
なのでカウンセラーさんに出頭要請の文章を書いて貰うことになるかなぁ・・・。

とにかく、少し自分の幸せの為に自分が動けるようになっただけでも進歩かもしれない。
今までだったら、我慢してればいいんでしょっていう
思考回路の方が先走ってましたからね。
我慢しない、でもちゃんと理解して貰うにはどうしたらいいか?
ということを考えて他人の力を借りることを恐れないようになったのは進歩だ~
と思うことにします。

そんなこんなで、未だふらふらしてるのに明日始めてのホルモン療法ですよ。
(ナグモの判定会議で落とされてなかったら)
まだ先だとばっかり思っていたのにねぇ・・・。
月日が経つのは早いものですね。

なんだかドキドキしてきております。
夜勤明けで初注射とかおつですね(何が?

別に1回打っただけじゃ何も変わらないけど、
何となくやっと次の一歩を踏み出したんだなぁという感慨を感じますね。
長いような、でもその長さと色々な葛藤が自分らしいというか。

本当に晩成型だなと思いますね。
てか、晩成すらしてないか・・・。

小学校の担任の先生の見る目は鋭かったなぁと今更ながら。
担任の先生のコメントで「この子は大器晩成型なので長い目で見て上げてください」
ってあったのです。

そんなありがたいコメントを書いてくださった近藤先生、どうされてるかな。
さすがに私が一年生の時に40代から50代近かったから、
お亡くなりになってる可能性があるか。

そんな先生のコメントに恥じないような人生を送っていきたいと思いつつ
なかなかですが。
でも、何か少し爪痕を残せたらなぁ~とは思います。えぇ。
雑草ですからw(何がだ

とりあえず、まずは母との問題をもう少しクリアにしないとねぇ・・・。
それと、法人の事業のマネタイズをどうするかだな。
こっちは、詳しい人に相談した方が早いかもしれない・・・。
誰か相談できる人いるかな。
考えてみよう。

でも、相談するとなるとコンサル料でお金がかかるので、
出来ればボランティア価格で遣っていただけると嬉しいのだが。
世の中甘くないか。ふぅ。

2018年11月4日日曜日

フリマなるものに出てみました。

はじめてフリマに参加してみました。
今までちまちま作った毛糸製品(帽子・ポシェット?)と、
プライドフラッグのアクリルたわしが大量にあったので、
一度フリマに出て見ようかと。

しかし、今回のフリマは集客もあまり熱心ではないせいなのか、
フリマ目当てというよりもフリマの開催場所の『ぽっぽ町田』に
買い物に来たついでに見ていくっていう人が多かったかなぁ…。

あと、手作り品オンリーとかそういう分類を考えて出品しないといかんですね。
アースディということで、色々なジャンルがごっちゃになっていて、
手作り品はウチだけ?かな?

それでも、アクリルたわしをわざわざ買いに来てくれた
知り合いがいたりして、ありがたかったです。

結局アクリルたわしが6枚売れたのみで終わりました…。
似顔絵書いてもらったり楽しかったけどw

ということで、売り方を考えないとなぁと思いました。
実際のフリマに出ると、出店料がかかるけどたまにお客さんとの交流がある、
が、実際出店料分も売れるとは限らない。

ネット上だと、売れるまでほっといていいけど、
相当スキルが無いとやっぱりねぇ…なんですよね。
うーん。

一応『BASE』に登録はしたのですが…。
キルトバッグのロゴ入りグッズとか売ろうかなとも思っています。
むむむ。

少しでも収入を増やす方法を考えないとなぁ…(ぉ?



東京造形大の学生さんが『にがおえ』屋さんをやっていて、
私も記念に書いてもらいました。

白黒100円、カラー300円という激安値段で、すごい繁盛してました。
御本人に伺ったら、こういう風に似顔絵を描くのははじめてだったそうですが、
とても上手い。
ツイッターのアイコンにさせていただきました。

さて、この顔がどういう風に変化していくのか、
それの記録としても描いてもらった部分もあります。
まぁ、頭部がやばくなるだけで、顔自体はあまり変化無さそうな。